いまや女性のひとりエッチ(オナニー)もすっかり周知され、このサイトでもそのためのグッズを多数紹介しています。

オナニーして絶頂に達するとよく眠れる 注意点も

ひとりHをする目的としては、
 
自分が感じる場所を知る 感度をアップさせる セックスでイキやすくする キレイになる
 
などに加え、
 
よく眠れるようになる
 
という目的もあります。
 
「絶頂に達すると、眠くなる」という話を聞いたことはないでしょうか?
 
これはオーガズム後に入眠を促すホルモンが分泌されるために起きる現象で、性別は関係ありません。
 
女性はオーガズム後、男性であれば射精後に急激に眠くなった経験が一度はあるはずです。
 

 
セックスの後、パートナーがぐっすり寝ていたら、それはあなたがパートナーを満足させた(イかせた)証と言えるでしょう。
 
この現象は、ひとりエッチでも起きます。
 
オナニーでオーガズムを得ても、眠くなるのです。もちろん、ラブグッズを使用しても同様です。
 
ラブグッズの代表、ピンクローター購入者のコメントにも、その旨の体験談があります。
一部を紹介します。

快眠目的でひとりエッチを行う際には、注意点もあります。
 
眠くなるのは、「イッたとき」です。
 
ひとりエッチは興奮を高める行為なので、オーガズムに達する前に止めてしまうと、気持ちが高ぶってかえって眠れなくなることがあります。
 
とはいえ、「イかなければ!」と必死になるのもちょっと違うでしょう。
 
ひとりエッチは気持ちよくなるために行うもので、切迫感を感じるものではありませんし。
 
「感じるところを探してみよう」くらいの軽い気持ちで、リラックスしてあれこれ試してみましょう。