セックスに関して、最も多く話題になるのは
 
回数・頻度
 
ではないでしょうか。


 
セックスは極めてプライベートな行為であり、他人の回数と比べても意味はないのですが、気になってしまうのも事実です。(かなり親しい間柄でも聞くのは憚られますしね)
 
特に「私たちってもしかしてセックスレス?」といったことを考え始めたら、回数や頻度について情報を集めたくなるでしょう。
 
もしもあなたがセックスの回数について気にしているなら、超おすすめのラブコスメコンテンツがあります。
 
ぜひチェックしてみて下さい。

セックス回数や頻度ものすごく詳しいアンケート

そのおすすめとは「セックスの回数」というコンテンツです。
 
何がそんなにスゴイのかというと、セックスの回数や頻度に関する調査がこれでもかとまとめられているのです。
 
コンテンツの内容は以下のとおりです。

  • セックスの回数は?頻度はどのくらい?
  • 1日にエッチは平均何回?多い時期は?
  • 年代別のセックスの回数
  • 都道府県別のセックスの頻度
  • 海外と比べた日本のSEX頻度
  • セックスの頻度の増やし方
  • カップルや夫婦が感じるセックスの回数とその対策
  • 夫婦やカップルにおすすめ!ビタミンやミネラル豊富なラブサプリでやる気をチャージ!
  • ムクナスイッチをおすすめしたいのはこんな方
  • セックスの回数についてSNSでチェック

なかなかの充実ぶりではありませんか?
 
実はこれだけではなく、以下のような関連記事も紹介されています。

  • 「年代別のセックスの回数」コンテンツに
  • パターン別セックスレスの原因と対策
  • 隠れセックスレス解消法!
  • 更年期や閉経後のセックスについて
  • 「都道府県別のセックスの頻度」コンテンツに
  • セックスレスカップルの兆候や特徴は?
  • 彼はセックスに満足?

加えて関連記事も多数あります。
 
各記事の内容をここで紹介はできませんが、回数・頻度に興味がある方はチェックする価値のあるコンテンツです。
 
「セックスの回数」コンテンツは、下記リンク先の「セックスの悩み」カテゴリにあります。

>>ラブコスメ公式サイト
※このリンクは修正済です!
「お悩み」カテゴリーに以下のコンテンツがあります。

夜の保健室一覧 バストの悩み 臭いの悩み 黒ずみの悩み デリケートゾーンの悩み セックスの悩み 処女・初体験の悩み ひとりエッチの悩み ボディケアの悩み フェイスケアの悩み ヘアケアの悩み 生理の悩み 夫・彼の悩み 愛撫の悩み オーガズムの悩み みんなの悩み調査 避妊の悩み 妊娠・出産・産後の悩み キスの悩み 
 
恋のお悩み一覧 夜の悩み カップルの悩み デートの悩み 男女の悩み 告白の悩み 出会いの悩み 女磨きの悩み Hの疑問&質問 ラブグッズの切り出し方 大人のオンナの磨き方 男と女のカラダ 不妊と子宮とセックス 歌って踊る48手動画

都道府県在住別!セックスの平均回数×満足度分布図

夫婦のセックス回数や満足度は、都道府県によって違いがあるのでしょうか?
 

 
上で紹介しているように、ラブコスメさんが都道府県別のセックス平均回数と夫婦の満足度の違いについて調査を行っています。
 
対象は20~30台の既婚女性です。
 
回数についての項目は以下の5つ

・月に1回未満
・月に2~3回程度
・週に1回程度
・週に2~3回程度
・ほぼ毎日

 
(ちなみにセックスレスの定義は「性的接触が1ヵ月以上無く、その状態が今後も長期間続くと予想される状態」です)
 
満足度については以下の5つで調査されました。
 
大満足
満足
普通
要望あり
もっと期待

 
この調査結果によると、都道府県別の違いは明確にあり、地域別でも大まかな差があることがわかります。
 

 
結果の概要をまとめるとこんな感じです。

セックスの回数と満足度は必ずしも比例しない
 
関東地方はセックスレスの傾向が強い
 
四国地方はセックスフル(回数が多い)の傾向がある(気候の影響?)
 
満足度は「西高東低」か
 
雪の多い県(日本海側)では回数が少なめ
 
セックスの満足度と夫婦仲の良さは比例する

 
隣り合った県でも、回数や満足度が全く逆の結果になっているのは興味深い点です。
 
気候はほとんど同じはずですが、県民の気質みたいなものが影響しているのでしょうか。
 
カップル
 
コンドームメーカーがセックスの世界的傾向に関する調査結果を毎年発表しています。
 
それによると、概ね日本は「セックスの回数が少ない」と評価されます。
 
このエルシーラブコスメさんのアンケート結果を日本全体で見ると、確かに「月1回未満」の県が目立ちます。
 
回数と満足度が比例するわけではありませんが、日本はもう少し性的接触を増やす余地があるのかもしれません。