ラブグッズを買ったはいいけど、「どうやって捨てるの?」という悩みをお持ちの女性は多いようです。
 
モノがモノだけに、そうそう安易には捨てられません。

そもそも、分別はどうすればいいのかよくわかりませんし・・・。
 
スマホを見る女性
 
こうした悩みの解決を助けてくれそうな提案・サービスを紹介します。

バイブの捨て方・廃棄方法は?面倒ならGoods-byeのサービスを

このサイトでは、エルシーラブコスメさんの製品をひたすら紹介しています。
 
エルシーラブコスメ バイブを処分する回収キット
 
言い換えるなら、購入を考えている方(大部分は女性でしょう)向けのコンテンツが大半なわけです。
 
上にも書いているように、ラブグッズはいざ購入するとなると迷うものです。
 
何のためらいもなく、サクッと買える女性のほうが少数派でしょう。
 
そしてやっかいなことに、購入時と同じかそれ以上に、ラブグッズを捨てる際も悩みます。
 

 
バイブやローターなどのラブグッズは何ゴミでしょうか?
 
ちょっと考えても、主なラブグッズは
 
シリコン ゴム プラスチック 金属
 
といった部品でできています。
 
燃えるゴミでないのはもちろん、ほとんどの自治体では、単なる不燃ゴミとして処分するのもNGなはずです。
 
それでは実際にどうやって捨てるかというと、プラスチックやシリコン、金属部分などそれぞれのパーツを解体して廃棄する必要があります。
 
ハサミやカッターを使いますし、場合によってはハンマーで破壊するケースもあるでしょう。
 
正直な話、これは大変ではないですか?
 
分別うんぬんもそうですが、何よりも、廃棄したラブグッズが人目に触れるリスクがあります。
 

 
万が一誰かに見られでもしたら、恥ずかしくてたまりません。ヘンな噂でもたったら、表を歩けなくなるかも。
 
そんな悩みを解決するため、エルシーラブコスメティックさんは「Goods-bye」というラブグッズ回収サービスを行っています。
 
これは、使わなくなったバイブなどのラブグッズを、LCから送られる専用回収キットの中に入れ、返送伝票を使ってLCに返送するサービスです。
 
グッズ・バイバイブを捨てるサービス
 
回収キットの受取りは郵便局かコンビニで可能です。
 
ラブグッズの分解などは必要なく、返信用封筒の中に入るサイズ・数であればいくつ送ってもOKです。
 
ただし、回収してもらう際には、注意点があります。
 
まず、下の二つの料金負担が必要です。

・ラブグッズ回収キット「Goods-bye」の価格 684円(税込)
 
・LCラブコスメさんへキットを送るための送料

 
また、
 
送るアイテムの乾電池、充電池は必ず抜いておく
 
こともお忘れなく。
 
ラブコスメさんのサイトから、注意事項を一部抜粋して紹介します。

  • 汚れを洗浄した状態で、【乾電池タイプ】と【充電タイプ】に分別し、専用袋へ入れて送付してください
  • 乾電池タイプ(【電池を抜いた】バイブ、ローター、その他電池を使用する雑貨商品、充電池が入っていない雑貨商品、コンセントタイプの雑貨商品)
  • 充電タイプ(充電式のバイブ、ローター、雑貨商品)
  • 劣化・破損しているグッズも回収可能です。インナーボールやディルドのような電力を使用しないグッズも回収いたします
  • 電力を使わない・内蔵していないグッズ(ディルド・コンセント式)も【乾電池タイプ】として分別可能です
  • ラブコスメオリジナル雑貨のVライントリマー、Iラインシェーバーは、【充電タイプ】として回収可能です

 
自分で適切に廃棄できるのであれば「Goods-bye」は必要ないサービスです。
 
しかし、人に知られないように、もっと簡単にラブグッズを処分したい、と悩んでいて、ある程度の経費を許容できるのであれば、利用を検討してみてはいかがでしょうか。
 
ラブコスメさんの「LC商品一覧」の「ラブグッズ」カテゴリーから、「ラブグッズ回収キット」をチェックしてみて下さい。

>>ラブコスメ公式サイト
※このリンクは修正済です!
「LC商品一覧」から「ラブグッズ」カテゴリへ進むと以下のコンテンツがあります。

ラブグッズ一覧 ラブグッズ診断 バイブ ローター 吸引グッズ 電マ 遠隔リモコンローター さくらの恋猫 ディルド アナルグッズ Gスポットバイブ クリトリスバイブ ポルチオバイブ ボイス連動型グッズ シンクロ マイラップ ラブグッズ回収キット ラブグッズメンテナンス ラブグッズを使う前のボディケア