性行為における痛みは、程度の差はあるにしても多くの女性が感じるのではないでしょうか。

ラブコスメさんには、性交痛解決の助けになるコンテンツもあります。
 
またラブコスメさんの一部のアイテムには「性交痛対策の実感があった」との口コミが投稿されています。
 
痛みの原因は複数あり、「これさえあれば解決!」と簡単にはいかないこともありますが、ひとつの参考としてご覧ください。

性交痛対策コンテンツ 「ノルウェイの森」のヒロインも

女性の性交痛は、男性のEDに比べるとあまり話題になりませんが、決して珍しくありません。
 

 
エルシーラブコスメさんが以前行ったアンケートによると、実に9割近くの女性が性交痛を経験しているのです。(下記リンク先にはアンケート結果もあります)
 
性交痛の原因で最も多いのは、いわゆる「愛液」の分泌不足、つまり「濡れない」こと。
 
膣内の潤滑が悪いままペニスが挿入されると摩擦が強すぎて、強烈に痛むのです。
 
濡れが悪くなる理由にはいくつかあり、

  • 加齢による女性ホルモン分泌量の低下
  • 初体験やセックスレスでの性反応の未開発・低下
  • 性器周辺の血流不足
  • 摂取水分量の不足
  • 身体的な疲れ
  • 精神的なダメージ・疲れ

 
などが代表的です。
 
「加齢によるホルモン分泌低下」とありますが、濡れない悩みに年齢は関係ありません。
 
ちなみに村上春樹さんの小説「ノルウェイの森」では、主人公の恋人(20代前半だったと記憶しています)が濡れない悩みを抱えていました。
 
彼女が濡れない原因は精神的なものだったようです。
 
小説はもちろんフィクションですが、20代女性であっても濡れないケースは現実にあるのです。
 
女性が濡れない場合、挿入を伴わない性行為をすればいいとはいえ、男性の要望や女性の考え方によってはいつも「挿入なし」というわけにはいきません。
 
そんな時は、潤滑ゼリーを使ってみてはどうでしょうか。
 
性交痛解消にリュイールホット
 
濡れない悩みを抱えていても、実は女性がこうしたグッズを利用するのはまれです。若い女性は特にこの傾向が強いようです。
 
確かに、「しばらくは何もせず様子を見てみよう」という対処法もあります。濡れない理由が疲れなどであれば、それで自然に回復するケースもあるでしょう。
 
しかし、それで回復しなかったら?性行為への抵抗感がますます強くなるかもしれません。場合によっては、セックスレスになるかも。
 
潤滑ゼリーを使用すれば、少なくとも「変化」は起こせます。
 
それをきっかけにセックスや挿入への抵抗がなくなり、自発的に濡れるようになる可能性はあります。
 
それだけでなく、セックスの新しい楽しみ方を開発できるかもしれません。
 

 
男性がEDから回復するのに勃起促進薬を使うように、濡れない性交痛に悩む女性は、もっと気軽に潤滑ゼリーを使っても良いのではないでしょうか。
 
エルシーラブコスメさんのリュイール・ホットは、「性交痛がなくなった・解決した」という購入者コメントが多数寄せられているアイテムです。
 
挿入のときの痛む性交痛の原因は?ローションや潤滑ゼリーで対策

性交痛ベスト口コミ「先端」しか入らない女性 リュイールホットで

初エッチにおける性交痛は珍しくなく、しかもデリケートな問題をはらんでいます。
 
痛さで挿入できないため、性行為が思うようにできません。すると男性との関係までもギクシャクしかねないのです。
 

 
このコンテンツで紹介する「性交痛のベストクチコミ(2015年6月17日投稿)」は、まさにそのものズバリの体験談です。
 
このレビューを投稿した女性には、次のような悩みがありました。

・初体験以後、性交痛でどうしても挿入できない(「先端」が入るだけで無理)
 
・前戯(キスなど)では気持ち良く、濡れる
 
・挿入できないため、彼氏が「自分が下手だからかな?」と気にするようになってしまった
 
・それが女性にとっても辛い

そこで女性は、エルシーさんの「リュイールホット」を使います。
 

 
彼氏さんの家にお泊りした際、いい雰囲気になってエッチが始まるのですが、やはり男性の「先端」が入るだけで痛くてたまらず、挿入はできません。
 
そこで女性は、持っていたリュイールホットを男性に渡し、塗ってもらいます。
 
そして指をゆっくり出し入れされていると・・・
 
リュイールホットのレビューによくある「塗ったところが熱くなってきて・・・」という実感はありませんでしたが、これまでにない感覚が女性に起きます。
 
実際に何が起きたかは、下の「ベストクチコミ」を読んでみて下さい。特に初エッチにおける性交痛に悩む女性には、参考になる体験談です。
 
性交痛ベストクチコミ セックスってこんなに幸せなものなんだ

※画像は「リュイールホット」ですが、ベストクチコミコンテンツへリンクします
 
性交痛対策については、こちらのコンテンツの体験談もご覧下さい。