当サイトでは、女性の性の悩みとして「性交痛」について複数のコンテンツを作成しています。
 
サイト内の性交痛関連コンテンツ一覧
 
上の記事を見て頂くとわかるように、性交痛対策には、主にリュイール・ホットとグラマラス・バタフライを購入者さんの体験談と共に紹介しています。
 
このコンテンツでは、性交痛対策のもうひとつの有力アイテム・ラブスライドの口コミを紹介します。

「ラブスライド」は、ラブコスメさんのサイト「LC商品一覧」の「ローション」カテゴリで販売されています。
↓ ↓ ↓
ラブコスメトップページ
※このリンクは修正済です!

ラブスライドの評価 深刻な性交痛の女性が使ったら

実は、このページを作成している時点で、おそらく最初に記事にすべきだったアイテムをいまだに紹介していません。
 
それは・・・モイスチャージェル・ラブスライドです。
 
性交痛対策ローションラブスライド
 
ラブスライドはいわゆる潤滑ゼリー(ローション)で、潤い不足で性交痛を感じる女性のために開発されました。
 
「潤い不足で性交痛が起きるので、ローションを使う」というと、年配の女性を連想しますが、20~30代の女性に「濡れ不足」「行為の途中で乾く」といった現象が起きるのも、珍しいことではありません。
 
エルシーさんに寄せられているレビューを読むとわかるように、性交痛に悩む若い女性は多いのです。
 
下で紹介している体験談は、

  • 初体験からずっと違和感がある
  • とにかく濡れない
  • 指1本入るだけでつらい
  • 挿入に何度挑戦してもダメ
  • 「グラマラスバタフライ」を使ってもダメ

と、かなり深刻なケースで、投稿した女性はまだ20代なのですが

「私も彼としたいっていう気持ちがあるのに、身体がそれを許してくれなくて申し訳なくて、女として自信を失いそうでした」

とまで思いつめていたのです。
 
男性のほうも気を使ってしまい、それがかえって女性を申し訳ない気持ちにしていたようです。
 
なんとも厳しい状況でしたが、ある日「ラブスライド」を使うことにします。
 
その結果・・・

とっても幸せな気分に浸ることができました
『ラブスライド』を使うと指もするっとして、今までの不快感が嘘みたいにわかりませんでした。
 
そして、お互いに塗り合いっこをして、いざ挿入。にゅるっと滑るようで、あの擦れるような感覚や違和感は無く、気になりませんでした。
 
「入ったね」と彼がすごく嬉しそうで、そんな彼の笑顔を見られたことが私も本当に嬉しかったです。渇いてしまうこともなく、ずっと気持ちいいままです。

続いて、「ベスト」に選ばれた、ラブスライドの口コミを紹介します。

ラブスライドレビュー 潤滑ゼリーのベストクチコミ

ここで紹介するのは、「潤滑ゼリー」のベストクチコミ(2016年11月1日投稿)です。
 
クチコミを投稿した女性には、一年近く付き合っている彼氏さんがいます。
 
イチャイチャすることは何度もありましたが、いまだにセックスでの挿入はありません。女性がどうしても恐怖を感じてしまい、行為が中断してしまうのです。
 
彼氏さんもそんな女性を理解していて、無理に行為を続けようとはしません。
 
男性の優しさにこたえたいと、女性はエルシーさんの潤滑ゼリー「ラブスライド」を試すことに。
 
ラブスライド
 
いざ行為となり、

コンドームをつけた彼の性器にラブスライドを塗る
女性の膣内にも塗る

 
対処を施して挿入を試みます。
 
いつもは「先っぽ」を入れるだけでも時間がかかるのですが、ラブスライドを塗っているため今回は先っぽがすんなり入りました。
 
そして全体の挿入を試みると・・・

抱きしめ合いながら喜びを分かち合いました
ラブスライドを塗ってからは、先っぽがすんなりと入りました。
 
それでも初めてなので違和感があったのですが、優しくて大好きな彼と一緒になりたいという思いで必死に耐えました。
 
本当に違和感があって辛かったですが、彼が「大丈夫だよ」と何度も声をかけてくれたし、ラブスライドのおかげで入りやすくなってるのも分かったので、グッと堪えているうちに、遂に彼のものが全部入りました。
 
その時は本当に嬉しくて、二人で抱きしめ合いながら喜びを分かち合いました。本当に幸せな時間でした。挿入が全てでは無いですが、彼に自信を付けてほしかったし、一緒になったことが本当に嬉しかったです。

確かに性行為は挿入が全てではありませんが、二人の関係をより深めるきっかけにはなります。
 
もし似たような悩みをお持ちならラブスライドを検討してみて下さい。

「ラブスライド」は、ラブコスメさんのサイト「LC商品一覧」の「ローション」カテゴリで販売されています。
↓ ↓ ↓
ラブコスメトップページ
※このリンクは修正済です!