ヌレヌレは香りの良さと保湿力で多くの支持を集めています。(無香タイプのヌレヌレもありますが)
 
この二つのメリットが、男性とのスキンシップを高める働きをしてくれるのはご存じでしょうか?

具体的には、女性が唇に塗ったヌレヌレを、キスで移して男性の唇を保湿してあげる(もしくは香りを当ててもらう)のです。
 
意外と多くの口コミがあるんですよ!

 

 

ヌレヌレをつけてのキスの感触 購入者のコメント

当サイトを何度か訪れて下さっている方には、「ヌレヌレ」はすでにおなじみの商品ではないでしょうか。
 

 
限定フレーバーもしばしば販売されており、購入した経験のある女性も多いでしょう。
 
そして、「キス専用美容液」であるヌレヌレには「○○キッス」という製品名がついているのもご存じのはず。
 
ところが・・・
 
LCさんの製品コメントに時々目を通していて、ひとつ気づいたことがあります。
 
「ヌレヌレ」に投稿されたコメントで、「キスの感触」に関する体験談は意外と少ない
 
のではありませんか?
 
「興奮した男性にこんな感じでキスされた」といったレビューや、ヌレヌレの香りや保湿についての感想は多いのですが、「ヌレヌレをつけてキスしたらこんな感触です」といったコメントは実はあまり目にしないのです。
 
そんな「ヌレヌレ」のレビューにおいては、貴重な(?)体験談を見つけました。
 
夢中になって繰り返しキスをしました
 
この女性は「ヌレヌレ」の限定フレーバー「スウィートキャラメル」を使用し、彼氏さんの唇には「オレンジライム」を塗ってあげます。
 
このようにコメントされています。

実は彼氏さんの唇の皮がむけていた!そこにミント成分がついたため・・・
 
その対策として女性がやったこと
 
ヌレヌレをつけてのキスの感触
 
ふたつのフレーバーが混ざってどうなったか
 
遠距離恋愛でも、ヌレヌレのおかげで・・・

「ヌレヌレ」を塗ってのキスはどんな感じか?を知りたい方には参考になるレビューです。
 
遠距離恋愛をしているカップルもチェックしてみてはいかがでしょうか。
 

※補足
これは「ヌレヌレ・アマクアマエテフタリキッス スウィートキャラメル 女性用」に投稿された体験談ですが、製品の画像や説明はよくわからないことになってます。
 
LCさんの手違いだと思いますが、当コンテンツエントリー時は「?」な状態です。体験談は下のリンクから問題なく閲覧できます。

 
夢中になって繰り返しキスをしました
 

「唇が荒れるといけないから」とキス!

このコンテンツを作成しているのは、10月の初旬。
 
風が冷たくなり、空気も乾燥してきました。
 
ケアを忘れていると、唇が荒れてガサガサになる季節ももうすぐのようです。
 
唇の乾燥対策といえば、最も広く使われているのはリップクリームではないでしょうか。
 
メイクをあまりしない女性でも、リップクリームを使ったことがない人はほとんどいないはずです。
 
乾燥による唇荒れ対策製品は現在たくさん流通おり、LCさんの製品では「ヌレヌレ」がそれにあたります。
 
ヌレヌレ
 
ヌレヌレは潤いをキープする成分を含んでいるため、唇の乾燥を防いでくれます。
 
エルシーさんのサイトにも、「ガサガサしなくなった」といったコメントが多数寄せられています。
 
加えてヌレヌレは、ただ単に「唇乾燥対策アイテム」というだけではありません。
 
使いようによっては、キスを(おねだり)するきっかけ(口実)になりうるのです。
 
こんなレビューがありました。

「だんだん朝晩が涼しくなってきたね~。あれ!?唇がガサガサしてない!!」と驚かれ、何度もキスをされ何度も確認されました。
 
今では、ヌレヌレを塗るとすぐに抱きついてきて「俺にも分けて!いただきまーす!」とキスの嵐です。

つまり、女性が唇にヌレヌレを塗っていれば・・・

「唇がガサガサになるといけないから、キスしてあげるね!」と男性にキス
 
「キスしてくれれば、唇が乾燥しないよ」と、男性にキスをおねだり

 
・・・といったスキンシップのきっかけになるわけです。(やり方としてはなかなか自然だと思うのですがいかがでしょうか?)
 
もちろん、リップクリームでも「乾燥対策キス」はできます。
 
しかし、リップクリームはヌレヌレよりもかなり「硬い」ので、相手の唇に移すには、ものすごく濃厚なキスをする必要があるかもしれません。
 
(もっとも、そういうキスが御希望なら、何も言うことはありませんが・・・)
 
コメントを投稿した女性は、「ヌレヌレを塗ることで以前にも増して(彼氏さんと)スキンシップが多くなりラブラブ」なのだとか。
 
さらに詳しくは、下記レビューを参考にして下さい。
 
あれ!?唇がガサガサしてない!!「俺にも分けて!いただきまーす!」とキスの嵐です
ヌレヌレマスカットキッス
※画像は「ヌレヌレ・マスカットキッス」の製品コンテンツへリンクします
 

ヌレヌレを彼氏さんの前で堂々とつけてみる

すでに完全に定番製品となった”ヌレヌレ”。使用されている女性は、
 
ヌレヌレをいつ塗ってますか?
 
ヌレヌレ・ピーチキッス2018
 
アンケートなどを調べたわけではないのですが、パウダールーム(お手洗い)でメイク直しのついでにサッとつける、というケースが多いのではないでしょうか?
 
これが一番自然というか、一般的なイメージがあります。
 
しかし先日、エルシーさんのサイトでこんな体験談を目にしました。
 
私にとって、恋の救世主となりました(笑)
 
これは「ヌレヌレ・ピーチキッス2018」のレビューです。
 
ヌレヌレ・ピーチキッス2018
 
投稿した女性は、ヌレヌレが自宅に到着する数日前、何と彼氏さんとメールでケンカしてしまいます。
 
理由は彼氏さんが忙しく、なかなか会う機会がなかったから。
 
淋しさと不満が爆発してケンカになりましたが、しばらくすると冷静になり、直接会って話しをすることに。
 
その際、女性は「ヌレヌレ・ピーチキッス2018」を持参します。
 
そして雰囲気が穏やかになった時、バッグからヌレヌレを取り出し、彼氏さんに見せます。
 
ヌレヌレ・ピーチキッス2018
 
ピーチの香りの良さに彼氏さんからリアクションを受けつつ、女性は「こうやって塗るんだよ」と自分の唇に塗ってみます。
 
すると・・・
 
ここでひとつ気づいたのは、これは
 
男性にキスをしてほしい時に使える方法
 
だということ。
 
というのも、そもそも女性が彼氏さんと会う時にヌレヌレを持って行ったのは
 
「仲直りが出来たら、良い香りのキスをしたい」
 
と考えていたから。
 
果たしてその目的は達成できたのでしょうか?そして二人の仲はどうなったのか?
 
詳しくは、リンク先の体験談をチェックしてみて下さい。
 
「何とか彼氏さんをキスに誘いたい」
「もう少し親密になるきっかけが欲しい」
 
という女性には、参考になります。
 
私にとって、恋の救世主となりました(笑)
ヌレヌレ・ピーチキッス2018
※画像も体験談へリンクします
※ヌレヌレ・ピーチキッス2018は限定商品です 売り切れの可能性があることをご了承ください
 

キスでヌレヌレのフレーバーを当てるゲーム

LCさんの人気製品「ヌレヌレ」には何種類のフレーバーがあるかご存じでしょうか?
 

 
エルシーさんのサイトコンテンツヌレヌレの歴史 フレーバー一覧によると、過去に販売された限定製品も含めてこれだけあるそうです。
 

マスカット(白ブドウ) ネロリ&スイートオレンジ クラリセージ&イモーテル ブリガリアローズ&パチュリ レモンライム チョコミント クランベリー&ラズベリー マスカット 紅茶 柑橘系 ブルガリアローズ カシス リンゴ ストロベリー バナナシェイク メロンソーダ ライチ キャラメル ピンクグレープフルーツ オレンジ ピンクピーチ ショコラ バニラ グレープフルーツ+紅茶 オトメイチゴ コーンポタージュ ヘーゼルショコラ ワイルドストロベリー ダマスクスローズ+ローズセンチュフォリア ブドウブルーベリー イノセントオレンジ ジューシーマンゴー レモンティー キウイ メルティショコラ プレミアムストロベリー ローズラズベリー ジューシーブドウ ピンクシトラス クランベリーショコラ デリシャスストロベリー ココナッツパイン モンブラン ティラミス チェリー トロピカル スプリング アンニン ハニーフレッシュ サマーシトラス クラリセージ 
 
※過去に発売されたフレーバーは販売終了しています

 
こんなにあるんですね!(ちなみにヌレヌレが最初に発売されたのは、05年の6月10日です)
 
エルシーさんのサイトに寄せられている「ヌレヌレ」の購入者コメントを読むと、「複数のフレーバーを所有している」というレビューも珍しくありません。
 
そんなレビューの中に、目を引くものがありました。
 
それは
 
キスでヌレヌレのフレーバーを当てっこする
 
というもの。
 

 
女性がヌレヌレをつけて(男性がつけてもいいですが)、男性にキスをします。そして男性がそのフレーバーを当てる、というゲームですね。
 
キスしたい時の口実として、あるいはイチャイチャする時のちょっとしたお遊びとして使えそうです。
 
乾燥する季節であれば、男性の唇にもヌレヌレがついて保湿するので、実益(?)も兼ねられます。
 
無香タイプの「ヌレヌレ・プレーン」をつけて、
 
「実は香りはありませーん!」
 
なんてイジワルできるかも?
 
果たして相手の男性はフレーバーを当てられたのでしょうか?
 
キス当てごっこは楽しかったです ヌレヌレ・アマクアマエテキッス ライチ

※画像もテキストリンクと同じコンテンツへリンクします