ラブグッズを使おう!と切り出すには?男性のタイプ別

Gスポットの探し方・感じるひとりHやり方解説

エルシーさんのサイトには、多数のコラムも掲載されています。

 

ここでは、その中でもかなりエッチな内容のものをまとめています。

 

女性の性感帯の探し方やひとりエッチのやり方、女性が男性にラブグッズを使ってのプレイに誘うには?など。

 

どれも実用的な内容なので、ぜひチェックしてみて下さい!

 

 

※補足(LCさんのコラムではありません)

 

 


 

 

 

 

 

Gスポットの場所と見つけ方 注意点も バイブでの刺激も

スカイビーンズ画像

Gスポットは一昔前までかなりミステリアスな存在でした。

 

 

まず、本当にあるのかどうかもわからないとされていましたし、存在するにしても、場所に関しては情報がかなりあやふやでした。

 

かつては「女性の60%しか場所を認識できない」とも言われていたそうです。

 

 

現在もいろんな説がありますが、どうやら「全ての女性にある」という主張が有力のようです。

 

「Gスポットを刺激するため」と銘打った、女性用ラブグッズも販売されています。

 

 

 

Gスポットは医学用語で「スキーン腺」と呼ばれ、大きさはコイン程度、膣内の前壁(お腹側)にあるとされています。

 

 

場所は人によって差があります。

 

膣口から3cmほど入った所にあったり、子宮口の近くだったりします。

 

 

セクシャルヘルス相談などでメディアにも頻繁に登場している、婦人科医の北村邦夫医師は次のような見つけ方を提唱されています。

 

・仰向けに寝た状態では、重力によってGスポットが下がり、膣入口から離れてしまうので見つけにくい

 

・洋式トイレに座った状態のほうが見つけやすい

 

・中指を、第二関節の深さまで膣内に挿入する

 

 

これで恥骨の裏側あたりを探り、性感のある部分はGスポットと考えられます。

 

Gスポットの感触は「ザラザラしている」という説もあります。

 

スカイビーンズ画像

 

 

ただし先述したように、場所には個人差があるので指が届かない場合は見つけられません。

 

膣奥まで挿入できるバイブなどを適宜使用する必要があります。

 

(ちなみに、後背位でのセックスはGスポットを刺激しやすいそうです)

 

 

まずは自分で指を挿入するか、パートナーに指で探ってもらいましょう。

 

 

その際には、必ず爪を短く、丸くしておくのは必須です。

 

カリスマAV男優、加藤鷹さんも、撮影の際は女性の身体を傷つけないよう、必ず爪のケアをしていました。

 

 

デリケートな女性の膣内に指を挿入するのですから、加藤さんのような心遣いが欲しいところです。

 

カップル

 

 

エルシーラブコスメティックのバイブ・スカイビーンズは、Gスポットへの刺激を考えて設計されています。

 

女性スタッフによるデザインなので膣内を傷つける心配もなく、初心者にも安心して使えます。

 

 

またバイブがズレてもクリトリスにフィットする仕様なので、Gスポットだけでなく、クリトリスでの快感も逃しません。

 

Gスポット刺激と膣圧にも スカイビーンズ 初心者にも安心の快感を

スカイビーンズ

 

 


 

Gスポットの探し方 LCさんのコンテンツ 刺激による感覚は 解説画像へ

クリトリスと並ぶ女性の性感帯として、Gスポットは広く一般に知られるようになりました。

 

 

以前はアダルトコンテンツで見られるだけだったこの言葉も、いまではネット上はもちろん、女性誌や週刊誌でも目にします。

 

 

これほど周知されていながら、Gスポットの具体的な場所については、実はあまり理解されていないようです。

 

 

何より、女性の性感帯でありながら、自分のGスポットがこのへんにある、と把握している女性のほうが少数派ではないでしょうか。

 

 

その理由としては、

 

・場所の解説自体が諸説ある
・体内にあるので見つけにくい
・Gスポットを刺激しても感じなかった(気づかなかった)

 

 

などが考えられます。

 

 

女性が快感を得るのに、必ずしもGスポットを刺激する必要はありませんが、「探してみたい」「場所を知りたい」と興味を持っている女性がいるのも事実です。

 

 

上のコンテンツでは北村邦夫医師の探し方を紹介していますが、エルシーラブコスメさんのサイトにも、Gスポットの探し方を解説したコンテンツがあります。

 

 

 

その解説をそのままここに転載はできないので、概要をざっくり紹介すると、こんな感じです。
(実際には、もっと詳しい解説です)

 

・あおむけに寝て、両膝を立てる
・利き手の中指を膣内に挿入する
・中指の腹で探ってみる

 

 

コンテンツでは、挿入する際の注意点や、Gスポット性感帯の特徴および刺激した時の感覚なども説明されています。

 

 

画像でも解説されていてわかりやすく、自分で探してみたいと考える女性には参考になります。

 

 

このコンテンツで紹介されているスカイワラビーは、Gスポットを探して刺激するのに適したラブグッズです。

 

特徴や使い方の解説もあるので、Gスポットの場所と共に興味のある女性はチェックしてみて下さい。

 

 

Gスポットの見つけ方 指やスカイワラビーで 場所や指の使い方解説画像・開発法も

Gスポットの見つけ方と初めてひとりHセット
※画像は「ひとりHファーストキット」ですが、テキストリンクと同じ「Gスポットの見つけ方」コンテンツへリンクします

 

 


 

遠藤加奈さんのちょっとエッチなコラム 感じるひとりHのやり方

ひとりエッチのやり方

当サイトでは、女性のひとりエッチをサポートするグッズはたくさん紹介していますが、実はひとりHのやり方そのものを記事にしたコンテンツはありません。

 

 

というのも、このサイトの主旨は「エルシーラブコスメさんのアイテムを紹介する」だからです。

 

 

とはいえ、漫画や心理テストなど製品解説以外のコンテンツもエントリーしていますし、何よりアイテムを使う活動そのものについて何もないのはまずいかなと。

 

 

ということで、エルシーさんのサイトで、ひとりエッチのやり方や方法を解説したページはないかな、と探したところ・・・

 

 

ありました!
それはこちら。

 

ちょっとエッチなラブコラム オナニーの方法や感じるテクニックは?

 

内容をそのままここに転載するわけにはいかないので、概要を紹介します。

 

・女性1500人にアンケート「オナニーしたことがありますか?」

 

・オナニーに関する悩み

 

・オナニーするようになって得られた実感

 

・女性733人にアンケート「ひとりHの方法は?」

 

・ひとりHのやり方 場所や初心者におすすめの体勢

 

・オナニーにラブグッズを使う際の注意点

 

・指とグッズを使うなら オススメの方法

 

そのほかにも、ローションを使う際の工夫、リラックスできない時の対処法、生理中のオナニーのやり方などが解説されています。

 

 

このコンテンツでは、初めて購入するグッズとしてスカイシリーズを勧めています。
一通り揃えるなら「初めてセット」ですね。

 

 

ひとりエッチ未経験ならもちろん、経験済みの女性でも、一度目を通しておくと、新しい発見があるのではないでしょうか。

 

 

ちょっとエッチなラブコラム オナニーの方法や感じるテクニックは?

ひとりH初めてセット
※画像は「ひとりHファーストキット」ですが、テキストリンクと同じコンテンツへリンクします

 

 


 

男性のタイプ別 ラブグッズの使用提案法・誘い方

以前はタブー視されていた女性の自慰行為が、現代では「ひとりエッチ」と名前を変えて広く知られるようになりました。

 

それに伴い、ラブグッズを使う女性も珍しくなくなっています。

 

 

しかし、そうした女性が、お付き合いしている男性にも「ラブグッズを使ってエッチしよう!」と切りだせるかどうかはまた別の話のようです。

 

 

一緒に使うどころか、「見られるのもイヤ!」という女性が多数派のはずです。

 

 

自分がバイブやローターを持っていること、あるいはそれらを使おうと言ったことに対する男性の反応が気になるのです。

 

ラブ48 ラブグッズを男性に使ってもらう

 

 

しかし同時に、「彼氏に使ってもらったらどうなるのかな?」という好奇心もまた強いもの。

 

1人ではできない使い方が可能になりエッチのバリエーションも増えますし、せっかく持ってるなら二人で楽しまないともったいないですし。

 

 

エルシーさんのサイトなどで、いろんな体験談を読んでみて言えることは、ラブグッズの使用を切り出されて嫌な顔をする男性はまずいません。

 

 

ゼロとはいいませんが、ほとんどの男性はノリノリです。
実は男性も使ってみたいのです。

 

 

ただし、男性のタイプによってその切り出し方をちょっと工夫すると、話がよりスムーズに進むようです。

 

 

 

例えば、以下のようなタイプの男性には、それぞれどんな誘い方をしますか?

 

・文化系男子
・男らしいタイプ
・個性的なタイプ
・年齢差がある

 

 

男らしいタイプの男性は、ラブグッズにも積極的なイメージがありますが、「オレよりもバイブのほうがいいのか・・・」と傷つくケースもあるのだとか。

 

 

こんな男性に、あなたなら何と言ってラブグッズ使用を切り出しますか?

 

 

エルシーさんのサイトには、上で挙げたタイプ別の誘い方をまとめたコンテンツがあります。

 

いつものように、かなり参考になる記事です。

 

 

「二人で使ってみたいけど・・・」と悩んでいる女性には、きっと役に立つコンテンツです。
ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

LCコラム ラブグッズの誘い方 バイブやローターを彼と使いたい 何と言って切りだす?

彼氏とラブグッズを使いたい
※画像は「ラブソラマメ」ですが、テキストリンクと同じコンテンツへリンクします

 

 





 

外部リンク

男女に役立つLCコンテンツ集

女性に役立つLCコンテンツ集

男性に役立つLCコンテンツ集

カップルに役立つLCコンテンツ集



 

当コンテンツの内容はあくまでご購入者の個人的な感想です。
保証する効果・効能ではありません。 個人差がありますのでご注意ください。

※このページはLCLOVE COSMETIC のアフィリエイトページです。当ページで販売は行っておりません。
お支払方法や送料などは、上記リンクでお確かめ下さい。

このページはエルシーラブコスメティック(LC)の画像・文章を許可を得て複製・転載しております。
無断で複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じております。
Copyright:(C)LCLOVE COSMETIC All Rights Reserved.

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)7つの特典付きで作りました