インナーボールは膣内に挿入してトレーニングを行うための器具です。

しかしちょっと考えてみると・・・
 
性的に興奮していない状態、つまり濡れていないのに挿入するのはちょっと厳しくないですか?
 

 
そんな時は、ローションを併用して使ってみて下さい。
 
参考になる口コミを紹介します。
 

インナーボールが入りにくいならローションの併用を

一時期ほど騒がれなくなりましたが、膣トレに対する女性の関心はある程度の高さを維持しているようです。
 
関心が高まるとともに実践する女性も増えているわけですが、一方では膣トレをやめてしまった、という体験談も多くなっているようです。
 
膣トレは、インナーボールなどのアイテムを膣内に挿入して引き締め運動などを行います。
 

 
しかし、

「ボールが大きく、挿入できない」
「入れようとすると痛い」

 
といった理由でやめてしまうケースが増えているようなのです。
 
膣トレは筋トレと似た側面があるので、継続しなくてはいけません。
 
ここでちょっと考えてみると、膣トレって日常生活の空き時間で行いますよね。
 
そんな時、女性の体はボールを挿入できる状態でしょうか?
 
簡単に言えば「濡れているか?」ということです。
 

 
女性は性的興奮が高まらないと濡れません。
 
日常生活で常に興奮していることはないので、膣トレするならエッチな気分を高めないといけません。
 
つまり、膣トレは「やってみよう!」と思い立ってすぐできるわけではないのです。
 
ましてや、濡れにくい体質の人であれば、なおさらボールの挿入&膣トレは難しくなるでしょう。
 
しかしこれは、言い換えるなら、
 
挿入さえスムーズにできれば、膣トレのハードルは下がる
 
ということです
 
そこでおすすめなのが、ローションの併用です。
 
膣トレにもハーバルーローション
 
下の口コミを投稿した女性も、膣トレに興味があってインナーボールを購入したのですが、痛みで挿入がスムーズにいかず、数回でやめてしまいました。
 
そこでLCのハーバルローションを使ってみることに。
 
膣トレにもハーバルーローション
 
ローションで潤滑を良くしてボールを挿入しやすくしたのです。
 
その結果どうなったかは、体験談を参照して下さい。挿入し辛さから膣トレをやめてしまった、挫折したという方には参考になります。
 
「膣トレ」してみよう、という女性は、インナーボールだけを購入するケースが多いようですが、ローションを同時に購入しておくのもアリではないでしょうか。
 
仮に膣トレを完全にやめてしまっても、ローションは他の用途にも使用可能です。
 
インナーボール口コミ 何となくトレーニングが楽しくなってきました
インナーボール膣トレで痛み
※画像も体験談コンテンツへリンクします