ひとりエッチの際に”オカズ”を使うのは男性も女性もあまり変わらないようです。
 
雑誌「anan」の2014年8月13-20日号に、女性のひとりエッチに関する実態調査記事がありました。

DVDガールズレッスン
 
その中に女性500人を対象にしたアンケートがあり、

「ひとりエッチのとき、どんなことを考えたり、何を見たりしますか?」

という質問がありました。
(複数回答可)
 
その結果は以下のとおりです。

Hな画像やAVを見る 343人
恋人や夫など現在のパートナー 221人
誰かに強引に迫られているシーン 110人
密かに憧れている男性 124人

 
大まかには”視覚派”と”妄想派”に分かれるようです。
 
”視覚派”の女性は、スマホやパソコンでエッチな画像や動画を見て、それをオカズにひとりエッチをしています。
 

 
一方で妄想派は、こんなシチュエーションを想像するのだとか。

「野外とか観覧車とか、自分がしたことないところで、彼とセックスするのを想像」
 
「好きな俳優の男の子に、強引に迫られて・・・っていうのを考えただけで、したくなってくる!」
 
「宅配便のお兄さんにいきなり押し倒されて、玄関先で襲われるのを想像して、昨日しました(笑)。」

 
エルシーラブコスメティックのDVD「ガールズレッスン」は、女性のひとりエッチのやり方を解説しているだけでなく、エッチな漫画や官能小説の朗読も収録されています。
 
つまり、”視覚派”にも”妄想派”どちらにも「オカズ」として使えるのです。
 
ひとりエッチのやり方がよくわからない、という女性はもちろん、「何かいいオカズはないかな?」と探している女性にも使えるDVDです。