ラブコスメさんの人気商品・リビドーロゼは、本来うなじや耳の後ろ、手首や内ももにつけて使用します。
 
こうした普通の使い方でも何も問題ないのですが、このコンテンツではちょっと違う、裏技的使い方のアイデアを紹介します。
 
リビドーロゼ

その使い方とは
 
リビドーロゼを髪に使う
 
のです。
 
使い方は簡単で、髪にリビドーロゼをプッシュして吹き付けるだけです。ヘアフレグランスですね。
 
この使用法はラブコスメさんのサイトに口コミで紹介されていたものです。
 
藍色夏恋さんという女性が「リビドーロゼを髪につける方法、オススメです」というタイトルで投稿されています。(気になる方は、下段のラブコスメトップページから検索してみて下さい)
 
藍色夏恋さんは香りにとてもこだわりがあるようで、「リビドーロゼ」についてこのように評価されています。

「ロゼと名前がついていますが、はっきり言ってバラの香りはほとんどしません。なので『バラの香りが苦手だからロゼは使えないかも・・・」と思っている方がいれば、それはたぶん杞憂だと個人的には思います。」

それではどういう香りなのかというと、藍色夏恋さんとしては「シャンプーみたいな香り」という評価です。
 
「ロゼじゃないの?」と疑問を感じる方がいるかもしれませんが、これは髪につけても違和感がないとも言えます。
 

 
時間とともに香りがベリーやマリンノートに変わりますが、藍色夏恋さんはこれらの香りは好みではないので鼻よりも上のエリアの髪につけています。
 
こうすることで香りが立っても鼻にダイレクトに当たることがなくなるのです。
 
好きではない香りであっても、変化すること自体が楽しめるようで、このようにもコメントされています。

「ロゼは私の持っているリビドーシリーズ(ロゼ、ホワイトローズ、プレミアムストロベリー)の中で最も香りの変化が分かりやすく、楽しめる商品だと思います。

なかなか良い感じに使えそうな「髪にリビドー」ですが、注意点もあります。
 
リビドーロゼは香水なので、つけ過ぎはダメです。良い香りでも、強すぎるとイヤなものに変わりますからね。
 
それではどれくらいつけるのが適当かというと、藍色夏恋さんがわかりやすく解説されています。

左右サイドから1プッシュずつ髪に吹き付けるだけなのですが、これが本当にすごくいいです。ちなみに計3プッシュつけるとつけすぎになります。

コメントでは、藍色夏恋さんの髪の長さが書いてありません。
 
そのためロングヘアの方は、1プッシュで足りるの?とお考えかもしれません。
 
しかし当サイトとしては、ロングヘアの方でもまずは左右サイドから1プッシュずつ使うことをオススメします。
 
というのも、物足りなければ追加すればよいですが、着けすぎてしまうと対処のしようがないからです。
 
せっかくの良い香りが「キツいニオイ」になってしまっては残念です。まずは控えめに始めるのが良いのではないでしょうか。
 

 
最後に注意点をひとつ。
ラブコスメで髪に使うアイテムといえば「ナデテ」であり、こちらも良い香りが多くの支持を受けています。
 
ナデテはヘアオイルなので香りだけでなくツヤも出せますが、リビドーロゼを髪に使ってもツヤは出せません。あくまで香りを楽しむために使ってください。
 
香りに加えてツヤも欲しいときはナデテを使用しましょう。