「頭皮や枕のニオイ」というとオジさんを連想しますが、女性でもヘンなニオイが発生することがあります。
 
ワキや足の臭いと比べると目立ちませんが、やはり気になるもの。

このコンテンツでは、女性の頭皮や枕の臭い対策に「ジャムウ・スカルプクレンザー」を使った口コミを紹介しています。
 

 
整髪料などをつけてしばらくすると頭がニオッてしまうという20代女性の口コミと、食べ物のせい?で枕がおじさんくさいという、何とラブコスメさんのスタッフ女性の口コミを紹介しています。

20代女性 頭皮と枕のイヤな臭いは整髪料が原因 使い方は

頭皮がニオう原因は、いくつかあります。
 
汗や皮脂と細菌の反応によるもの、喫煙、食べ物、洗髪後の乾燥が不十分などですね。
 
中には「整髪料を使うとヘンな臭いが発生する」こともあります。
 
ラブコスメさんに投稿されていた、「ほのか」さんという20代女性の口コミはまさにそのケースです。
 

 
ほのかさんの場合、整髪料をつけてしばらくするとイヤなにおいが出ていました。

ナデテや他の整髪料などをつけた時、最初は良いのですが時間が経つと頭皮?髪?の臭いが気になりました。

何か良いケア方法はないかな?と探していたところ、ラブコスメさんの「ジャムウ・スカルプクレンザー」を発見します。
 

 
早速使ってみると、頭皮にさっぱりした感覚が広がるのを実感しました。
 
ほのかさんの使い方は、二度洗いが基本です。

  • 一回目は頭皮中心にマッサージするように
  • 2回目は髪を中心に優しく洗う

こうしたケアの結果、とてもいい実感が得られています。

夜に髪を乾かした時からさらさら指通り…これは期待できそうだと思いました。そして次の日、朝にナデテをつけ、昼~夕方につけなおし…時間が経っても嫌な臭いが気になりませんでした!
 
枕も嫌な臭いにならないので、このスカルプクレンザーすごいです!

ほのかさんの場合、整髪料と反応して悪臭を出す「ニオイのもと」が残っていたのではないでしょうか。
 
頭皮に残っていた、そのイヤなにおいのもとが、スカルプクレンザーで洗い流されたと考えられます。
 
スカルプクレンザー自体の香りは強くないので、ナデテなどの香りを邪魔しないのも高ポイントです。
 
同じようなお悩みをお持ちなら、参考にしてみて下さい。
 
口コミの全文はこちらです。
枕も嫌な臭いにならないので、このスカルプクレンザーすごいです!

ラブコスメスタッフ女性が枕の臭い対策に!食べ物が原因?

枕のニオイは「おじさん臭」「お父さん臭」なんて呼ばれたりしますが、女性でも発生することがあります。
 
ラブコスメのスタッフ・三井さんが、まさにそのものズバリの体験談を自身のブログに書かれています。
 
何でも頭皮のニオイは、ずっと三井さんの悩みだったそうです。
 

 
友人との会話をきっかけに、ふと自分の枕のニオイを嗅いでみると・・・

ちょっと気になったので、その日は家に帰って、すぐに自分の枕のニオイを嗅いでみることに。
 
「こ…これは…!」
 
三井はショックでした。
 
私の枕、お父さんみたいな、クサいニオイがする…気がする…(泣)

上で少し紹介しているように、頭皮のニオイにはいくつかの理由があります。
 
三井さんはタバコは吸わず、お酒もほどほど。
 
しかしファストフードや味の濃いもの、スパイシーな食べ物が大好きでした。三井さんはこれらが原因ではないか?と考えています。
 
そこで食べ物に気を付け、ジャムウ・スカルプクレンザーでの洗髪を始めました。

最初に使った時…「す、すごい!」と驚き。
 
まず、スカルプクレンザーで頭皮や髪を洗っていると、程よいメントール感でスーッとします。頭皮を指の腹でマッサージしながら洗うと、気持ちいい~♪
 
洗い上がりもサッパリ。
 
(中略)
 
日中に頭皮のベタつきが何となく気になることがありましたが、スカルプクレンザーを使ってからは気にならなくなりました。
 
正直、一時的にスカルプクレンザーから離れたことはありますが、それでもやっぱりあの使用感が忘れられずに戻ってきてしまいます。
 
そして現在に至ります。
 

頭皮のニオイに悩んでいた三井さんでしたが、ジャムウスカルプクレンザーを使うようになって悩みがなくなりました。

「ジャムウ・スカルプクレンザー」を使うことで悩むことがなくなりました!
 
もう、かれこれ8年ぐらい使っている大好きなシャンプーです。

ちなみに三井さんの場合、髪を洗う前にこうした”下準備”を行うようにしています。

  • よくブラッシングしておく
  • お湯で頭皮マッサージしておく

上で紹介している「ほのか」さんの口コミでも、頭皮マッサージを行うとありましたね。
 
三井さんのやり方とともに参考にしてみて下さい。
 
三井さんのブログ全文はこちらです。
私、●●●のニオイでずっと悩んでました… スタッフのココだけの話