妊娠中や産後の女性の多くが「黒ずみ」を経験します。
 
わき 乳首 お腹 陰部
 
などの色が濃くなるだけでなく、シミやそばかすが濃くなったり、数が増えたりすることもあるようです。

赤ちゃんとお母さん
 
タレントの優木まおみさんも、妊娠8ヵ月の時点で、お腹の黒ずみが気になる旨をブログに書いています。(2014年2月)
 
この黒ずみの原因は、主に二つあります。
 
ひとつ目はメラニン色素です。
 
妊娠すると、ホルモンの影響でメラニン色素が増えます。
 
「日焼け」で肌が黒くなるのもメラニン色素の働きです。日焼けは肌を紫外線から守ろうとする現象です。
 
妊娠した女性は、母体と胎児を守らなくてはいけません。体の防御レベルを上げる必要があります。
 
そのため体はメラニン色素を増やし、皮膚に受けるダメージを少しでも減らそうとします。
 
つまり妊娠中の黒ずみは、体の防御反応なのです。
 

 
ふたつ目の原因は、皮膚のたるみと老廃物です。
 
出産すると、それまで張っていたお腹の皮膚がたるみます。
 
すると皮膚のメラニン色素の密度が上がるため、余計に黒ずんで見えます。
 
また、不要になった皮膚ははがれ落ちるため、人によってはかさぶた状に黒ずんでくることもあるようです。
 
それでは、黒ずみはどうすれば解消するのでしょうか?
 
一般に、妊娠で起きる黒ずみは出産後は自然に無くなります。乳首も授乳後には元の色に戻ります。
 
とはいえ、気になる黒ずみは少しでも早く薄くしたいもの。
 
エルシーラブコスメティックのコンテンツでは、そのためのアイテムとして
 
・ジャムウ・ハードバブル
 
を挙げています。
 

 
上のコンテンツでも紹介しているように、ジャムウ・ハードバブルは黒ずみ対策の定番です。
 
(ちなみに当サイトでは、「最初に使うならハードバブルがおすすめ」としています。下の「関連コンテンツ」をご覧ください)
 
LCのサイトには産後の黒ずみケア体験談もあります。
 
妊娠での黒ずみのもと対策に ジャムウ・ハードバブル
ジャムウ・ハードバブル
※画像も黒ずみ対策コンテンツへリンクします