このサイトでは女性の「尿漏れ」についていくつか記事を作っています。
 
特に出産を経験した女性はふとしたはずみで尿が漏れる「尿漏れ」を起こすことがあります。

尿漏れは、骨盤底筋群を鍛える動作、いわる膣トレで予防・改善できます。(下の関連記事をご覧ください!)
 

 
つまり出産を終えた女性は膣トレの実践がオススメなわけですが、産後は当然赤ちゃんの世話が始まり何かと忙しく、自身の身体のケアはおろそかになりがちです。
 
しかし鍼灸マッサージ師・山田光敏さんによると、膣トレなどのケアが遅れると尿漏れ発症のリスクが上がるそうです。
 
山田さんの著書「産後美尻ダイエット」40~45ページを参考に、早めに膣トレが好ましい理由をまとめます。
 

産後美尻ダイエット(楽天市場)

出産経験があると57%が尿漏れ経験 女性に多い理由は?

具体的にどれくらいの女性が尿漏れを経験しているのでしょうか?

女性の間で尿守れ骨盤臓器脱(膣から子宮などが出てくる状態)が増えており、女性全体では35~37%の方が尿漏れを起こすといわれています。
 
この数字はあくまでも”女性全体”なので、尿漏れを起こしにくい20代も含んでの話です。
 
別の報告では、40代で出産を経験していない女性だと34%の方が尿漏れを経験していますが、出産経験のある40代女性になると、実に57%もの方が尿漏れに悩まされているといいます。
 

女性に尿漏れが多いのはこうした理由があります。

どうして女性に尿漏れが多いかというと、男性に比べて尿道が非常に短いから。
 
男性の尿道はおよそ25センチといわれていますが、女性は4センチほどしかありません。
 
しかも、女性には男性のように尿道を閉めるための前立腺がありません。
 
元々、男性より尿漏れを起こしやすいというのに、出産によって括約筋(骨盤底筋群を形成する筋肉の一つ)を損傷するのですから、尿漏れが起こりやすくなるのは当たり前なのです。

出産した女性の半数以上が尿漏れを経験するのは、けっこうな数ではないですか?
 
この対策として骨盤底筋群を鍛えるトレーニング、つまり膣トレがあるのですが、注意することもあります。
 
次のコンテンツで紹介します。

PR

骨盤底筋群トレーニングは効果あり しかし年齢を重ねると

山田さんが行った調査でも、膣トレは尿漏れ防止に効果が期待できるようです。

尿漏れを起こしている55歳以上の女性287人を対象に、症状緩和には効果的だといわれている骨盤底筋群トレーニングを行ってもらい、その効果を検証しました。
 
トレーニングを開始してから3ヶ月後、実に57%の人が症状の改善があったと感じていたという結果が得られました。

効果はあるのですが、実践する年齢は早めを意識する必要がありそうです。

確かに、私もこの骨盤底筋群トレーニングを指導していますし、それなりに効果は出ていると感じていますが、50代以降の女性だと再発しやすいという実感があったのですね。
 
(中略)
 
それならば外科的な手術という手段を選択したらどうなるのかというと、さまざまな術式の中で再発率が低いと注目されているメッシュ手術であっても、手術後90日以内に尿が出にくくなる尿閉リスクと、1年以内に再手術などを必要とするリスクが高いことがわかっているのです。
 
きつい言い方かもしれませんが、一度尿漏れなどを起こしてしまうと、手術を受けても根治は困難なのです。
 
女性医師

つまり50代以降では膣トレを実践しても、尿漏れを再発しやすく、外科手術を施しても1年以内で再手術、ということになりがち、というわけです。
 
産後のケアは早めが良いのです。
 
これは山田さんの調査でも判明しています。

PR

早めにケアすると2%に!しかし出産後すぐではありません

山田さんの調査では、早めのケアにより、尿漏れリスクは驚くほど低くなるそうです。

それでは、早期のケアを行うとどうなるのでしょうか。
 
これについては、厚生労働省が研究に対する予算を組んだのが2014年とまだ日が浅く、長期の経過を確認したデータは私の治療院のものくらいしか存在しないようなので、少し紹介したいと思います。
 
私の治療院で、産後ケアに来られた方々のその後の経過を確認したことがあります。
 
メールによるアンケート方式で回答をお願いしたのですが、産後から10年後に尿漏れを起こしていた割合は2%(10年後平均年齢48.1歳)。産後すぐのボディメイキングが、将来的な尿漏れに対してどれだけ有効かお分かりいただけると思います。
 
10年後、尿漏れで悩むかどうかは、産後の今、正しい産後ボディメイキングを行うかどうかにかかっているといっても過言ではないのですね。
 

出産後はなるべく早めが良い、というわけですが、膣トレを始めるのは出産から1ヵ月後を目安にして下さい。
 
これは出産してダメージを負った体を回復させるためです。
 
この件に関しては別にコンテンツを作成しています。下の関連記事をご覧ください。

PR
>>ラブコスメ公式サイト
※ケアアイテムの口コミ多数あり!


PR