当サイトユーザーの女性は、髪をどれくらいの頻度でトリートメントされているのでしょうか?
 
自宅であれば週1~2回程度、という答えが一番多いようですが、「どれくらいの回数が良い」のかは意見が分かれます。

ラブコスメさんの「ジャムウ・スカルプ クリームバストリートメント」も同様に、使う頻度は使用する人によってまちまちです。
 
ジャムウ・スカルプ クリームバストリートメント
 
このコンテンツでは、頻度に言及している口コミをまとめてみました。

クリームバストリートメント どれくらいの頻度で使ってる?

ジャムウ・スカルプ クリームバストリートメントは、発売以来高評価を得ているアイテムです。
 
(このコンテンツを作っている時点で、60件のレビュー中59件が星4つ以上で、1件が星2つです)

ジャムウ・スカルプ クリームバストリートメント
 
多くの人に愛用されているトリートメントですが、使っていてこんな疑問を感じたことはありませんか?
 
「みんなどれくらいの頻度で使ってるのかな?」
 
もちろん、毎日使うのが理想的ですが、まだトリートメントの実感が髪に残っているのであれば、使用量を節約するためにも使う必要はありません。
 
正直言いまして、「この頻度で使う」といったはっきりした答えは出せません。(トリートメントの頻度については、美容師さんでも意見が分かれているそうです)
 
髪質・体質には個人差がありますし、生活習慣や環境も違います。
 
ある女性が「三日おきで良さそう」と感じても、それが別の女性にも適しているとは限らないのです。
 
つまり答えとしては、実際に使ってみて、適した頻度を自分で見つけるしかないということになります。
 
とはいえ、このコンテンツの結論が「人それぞれです」では読んで頂く意味はありません。
 
そこで、「クリームバストリートメント」のレビューの中から、頻度に言及しているものをピックアップしてみました。
 
ズラッと羅列致します。
口コミの抜粋や概要も併記します。
(頻度は太字にしています)

  • さらさらでしっとりしていて、髪の毛全体が軽くなったような感じ
  • トリートメント難民だった20代女性
  • ツイッターのフォロアーさんの口コミを参考に購入
  • 初めての使用では少し失敗するも二回目以降はバッチリ
  • 毎日使うので1ヵ月ほどでなくなってしまう
  • 2、3日に1度のスペシャルケアにするか迷い中
  • サラサラで、天使の輪が2つできました!
  • 夕方には皮脂(?)で前髪がウェットな感じになる20代女性
  • 使用前は「ぺったりするのでは?」とネガティブな印象を持っていた
  • 実際に使ってみると期待どおり!天使の輪を作る方法もコメントあり
  • 夕方のウェットな感じも解消されていうことなし!
  • 2~3日に1回の頻度で使用
  • 「凄い!」と思わず声に出してしまいました
  • 髪の量が多く全体がパサついてる30代女性
  • 髪をしっとりさせる目的で購入。届いた当日に即使用してみる
  • テクスチャー(伸びやすさ)についてもコメントあり
  • 乾かしても全体に髪がまとまっていてびっくり
  • 週1回の頻度で使用

  • 「何か前より髪綺麗になってるよね」と言って撫でて貰えました!
  • 「髪のキレイな子が好き」な彼氏さん持ちの20代女性
  • トリートメント時にヘッドマッサージも実践してみる
  • 乾かした後はもちろん、翌日もサラサラに
  • タイトルにあるように、彼氏さん絶賛
  • それまで使用していた製品との比較あり
  • 続けて使用することで、ツヤが出るエリアが増えた件もコメントあり
  • 週に一回休日と、デートの前日にケア
  • 使い続けたいアイテムになりそうです!
  • 美容師さんから髪を「クセで広がりやすい」と指摘された20代女性
  • 頭皮マッサージと共に使用すると、すごくさらさら&頭皮もスッキリ!
  • 翌日になってもパサつきはなく、ツヤが出て天使の輪っか出現
  • 髪の質感について詳しいコメントあり
  • 彼氏と会う前や、早くお仕事から帰った日など自分へのご褒美に
  • 翌朝の髪の毛のしっとり感とおさまり感がとても良かったです
  • 細くて絡まりやすい髪質の30代女性
  • 「ジャムウスカルプクレンザー」とセットで使用
  • 翌朝の髪の毛のしっとり感&おさまり感を実感
  • 細く絡まりやすい髪がほぼ絡まなかった
  • 汗をかいてサッパリしたい日とデート前日に使用

日数を基準に決める、というレビューと、デートなどのイベント前や、サッパリしたい時などの気分で決めるという意見があります。
 
やはり結論としては人それぞれ、ということになるのでしょうか?
 
現在のトリートメントと同じ頻度使用する、あるいは特別なイベント前に使うなど、いろいろお好みの使い方を試してみて下さい!