クリームタイプのクレンジングタイプがおすすめ

美容アドバイザーの佐伯チズさんは、「30歳を過ぎたらクレンジングはクリームを使いましょう」と主張されています。
 
メイクがきちんと落とせる、肌に負担をかけない、必要な水分を奪わないなど、いくつものメリットがあるからです。

クレンジングクリームの使い方は人それぞれでいろんなやり方があります。
 
要はメイクがちゃんと落とせればいいのですが、ここでは佐伯さんの方法を紹介します。
 
(このコンテンツは佐伯さんの著書「美肌塾」の18~20ページを参考にしています)
 

 
メイク落としでは、まずアイメイクを落とします。
 
別コンテンツ佐伯チズさん式アイメイクの落とし方 使うもので、佐伯さんのやり方をまとめているのでそちらも参考にして下さい。まぶたの下にリムーパーを含ませたコットンをつけるのがポイントです。
 
アイメイクを落としたら、顔全体をクレンジングします。

◆佐伯チズさん式 ファンデーションの落とし方
1 さくらんぼ大のクレンジングクリームを手のひらにとって反対の指で混ぜて温めてから、額、両頬、鼻、アゴの5ヶ所にのせます。
 
2 下から上に向かってクリームをなじませます。手のひらと指全体を使います。手の基本的な動きは下から上へ、内から外へ、です。
 
3 額までいったら、鼻筋を小鼻へ向かって下がります。小鼻の横は汚れがたまりやすいのでやさしく丁寧になじませます。
 
4 最後は上唇の上の筋肉と口角をキュッと押し上げて終了。このあと、濡れたコットンで拭き取ります。

 
以上の手順でクレンジング剤とメイクを馴染ませたら、濡れコットンで拭き取ったらあとは素洗いして終了です。 
 
この佐伯さんの方法でも実践されているように、クレンジングでは顔を水で濡らさないのが一般的です。
 
LCさんのジャムウ・クレンジングクリームも、肌は乾いた状態で使います。
ジャムウ・クレンジングクリーム 使い方のコツ
ジャムウ・クレンジングクリームのアイメイク落とし口コミ
 
(下↓に、ジャムウ・クレンジングクリームの使い方動画あります)
 
「顔が濡れていても使えます」という製品もありますが、個人的には濡らさないクレンジングのほうがよく落ちる印象があります。
 
このへんは各自の好みのやり方でOKでしょう。「濡らしていても使える」タイプで十分落ちている実感があるなら、使って全く問題はありません。
 
ちなみに、スキンケアセラピストの小峯貴子さんが提唱されている「ディープ洗顔」でも顔は濡らさない状態で洗顔を始めます。
 
ディープ洗顔のやり方 泡立てと手順 小峯貴子さん
 
「ディープ洗顔」はクレンジングではなく、週に一回程度行う「気合を入れた洗顔」です。
 
ピーリングや垢すりなどと同様に、「ちょっと強めのスキンケア」として選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
 

 

【毛穴汚れ 落とす】クレンジングでマッサージしながら引き締め、毛穴汚れも落とす!?

 

 

関連記事

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

コメントを残す

当コンテンツの内容はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。 個人差がありますのでご注意ください。

※このページはLCLOVE COSMETIC のアフィリエイトページです。当ページで販売は行っておりません。お支払方法や送料などは、上記リンクでお確かめ下さい。

このページはエルシーラブコスメティック(LC)の画像・文章を許可を得て複製・転載しております。
無断で複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じております。
Copyright:(C)LCLOVE COSMETIC All Rights Reserved.