暑くなってくると、汗のにおいが気になります。
 
特に腋は、わきがの人でなくとも、においだけでなくベタつき感や不快感が気になるもの。
 
汗の不快な臭いは、皮膚に生息する菌類が汗の成分(脂質やたんぱく質など)を分解することで発生します。

(脂質やたんぱく質の多い汗を出す汗腺・アポクリン腺が腋に多い人がわきがになります)
 
臭いが発生する一番の原因は、言うまでもなく汗なのですが、汗を全くかかないのは手術でもしないかぎり不可能であり、現実的ではありません。
 

 
なので、一般的には臭いを発生させる菌を消すことで対処します。
 
つまり、デオドラント製品は殺菌作用がポイントなのです。
 
現在市販されている製品は、殺菌作用を持つ様々な成分を配合しています。
 
例えば・・・
 
銀イオン お茶 ミョウバン
 
・・・あたりは有名ではないでしょうか。
 
エルシーラブコスメティックにもデオドラント製品はいくつかありますが、わきのにおい対策にはLCジャムウ・ハーバルロールがおすすめです。
 
ジャムウ・ハーバルロール
 
ハーバルロールの主成分には、次の二つのハーブが含まれています。
 
◆ラベンダーエキス
清涼感のある香りがあり、殺菌力が強いのが特徴です。
 
肌を清潔に保ち、切り傷や火傷の治療にも使われます。
 
◆レモングラスエキス
ラベンダーエキスと同様に殺菌力が強く、古代インドでは感染症や熱病の治療に使っていました。
 
肌を清潔に保つだけでなく、さわやかな香りも特徴です。
 
ハーバルロールには、これらのハーブだけでなく爽快さやサラサラ感をアップしてくれる成分も配合されています。
 
◆茶葉エキス
緑茶の殺菌作用が消臭を助けてくれます。
 
◆ホウセンカ葉エキス
ホウセンカは抗かゆみ作用や抗アレルギー作用を持つとされています。
 
エチケットケアや乾燥予防にも使われています。
 
◆スイカズラ花エキス
肌のひきしめやキメ整え、および湿疹・かぶれ対策に使われます。
 
◆ワレモコウエキス
主成分はタンニンやサポニンで、殺菌、抗炎症、美白作用などが認められています。
 
スキンケア製品にも配合されています。
 
◆ハッカ油
ペパーミントの精油で、肌につけた際のサッパリした爽快感は汗ばんだ不快感を消してくれます。
 
◆カユプテ油
東南アジア原産の常緑樹で、しょうのうに似た香りがあります。
 
脂性肌に適していて、ニキビなどの慢性的な皮膚トラブルに使われます。
 
ジャムウ・ハーバルロール
 
ジャムウ・ハーバルロールは軽く振って塗るだけなので手間もかからず、スプレー製品にありがちな化学的な可燃性ガスの臭いもありません。
 
植物素材メインのサラッとしたベースリキッドにパウダーを加えているのでサラサラ感が持続します。
 
エルシーラブコスメのコンテンツには

「汗がついた服の臭いもなくなった」
 
「一度塗り忘れた時があったが、においがしなかった」
 
「汗の量は変わらないが、においは気にならなくなった」
 
「わき汗はかくが、朝塗ればその日は塗り足さなくても大丈夫」
 
「朝塗れば、夜までサラサラ」
 
「ミントの爽やかさで満員電車も気になりません」
 
「ノースリーブ着用も腕を上げるのも問題なし!に」
 
ジャムウ・ハーバルロール

もちろん夏だけでなく、冬の臭い・不快感ケアにも使えるので、購入者のレビューにも高評価が寄せられています。
 
※毎日使用して1ヵ月半~2ヵ月使えます。
ジャムウ・ハーバルロール製品コンテンツ