突然ですが、火山灰を触ったことはありますか?九州以外の出身の方は火山灰に触れる機会は少ないでしょうか。
 
独特のザラザラ感があり、「灰」と言っても砂のように粒がしっかりしています。
 
鹿児島では桜島が現在も噴火しているため、降り積もった火山灰により農作物に被害が出ることもあります。

しろつやびじん
 
「しろつやびじん」は何とその火山灰を使った洗顔ソープです!

火山灰で毛穴の黒ずみもキレイサッパリ しろつやびじん

火山灰は厄介者扱いされることが多いけど、家具や食器の汚れを落とす研磨剤としても使われてきたんだよ。肌をこする軽石も火山の噴火で作られるしね。
 
「シラス」と呼ばれる桜島の火山灰は石鹸の成分としても使われていて、「しろつやびじん」はシラスを配合した火山灰石鹸なの。

そうなんですね!でも研磨剤というと、肌に使うにはちょっと鋭すぎるような?

たしかに火山灰は、鋭角の角がある粒子なの。だからそのまま使うと肌への刺激が強すぎるわね。

でしょ?前に鹿児島旅行に行った時、火山灰が目に入ったことがあるんです!
 
これがメッチャ痛いんですよ~!コンタクトつけてたんで地獄でした!

うわ~!聞くだけで痛そう~!
 
でも安心して。しろつやびじんには角を丸くした(バルーン加工)シラスが使われているので、肌あたりは優しいんだよ。
 
そしてシラスの粒子はおよそ10ミクロンと細かく、毛穴の奥まで入り込んで皮脂や汚れを吸着してくれる。
 
使い続けると、古い角質による黒ずみやくすみが洗い流され、肌が明るく、スッキリした印象になるのを助けてくれるの。
 
そのほかに、こうした成分が含まれています。

椿油 薩摩みかんの皮エキス しそエキス 月桃エキス ゲットウ葉エキス

 
しろつやびじんはシラスによる洗浄目的だけでなく、これらの成分による美容目的でも使用できるのです。
 
「洗顔ソープ」ですが、全身にも使えます。
 
本草絵巻 しろつやびじん 成分の詳しい解説や購入者の体験コメントも
しろつやびじん

泡立てない使い方 イチゴ鼻・鼻の毛穴やポツポツ対策に

「ジャムウソープ」と比べると、やや地味な印象がありますが、LCさんの「本草絵巻しろつやびじん 薩摩みかん」も大変評価の高いアイテムです。
 
しろつやびじん
 
火山灰シラスの粒子を丸く加工して配合することで、肌の透き通るような印象アップと毛穴ケアを両立させたフェイスソープです。

「鼻のポツポツ・角栓」が目立つ
小鼻の黒ずみが気になる
「イチゴ鼻」をどうにかしたい
毛穴が開いているのでひきしめたい
顔の透明感をアップしたい

 
・・・といったフェイスケアをしたい女性におすすめです。(しろつやびじんは全身にも使えます)
 
しろつやびじんは、一般的には泡立てネットなどで、モコモコと思いっきり泡立てて使います。
 
しろつやびじん
 
いわゆる普通の洗顔料と同じ使い方をするわけですが、場合によっては泡立てずに使うこともあります。
 
それはどんな場合かというと、
 
透明感ケア・イチゴ鼻ケアを集中したい時
 
です。
 
この使い方は、LCさんの製品コンテンツに(地味に?)書いてあるのですが、
↓ ↓ ↓
しろつやびじん製品コンテンツ
 
知らない方も意外と多いのではないでしょうか?
 
「泡立てない使い方を見逃していた」という女性のレビューもあります。
 
この女性はイチゴ鼻にずっと悩まされていて、爪で角栓を押し出して、鼻を傷つけることもあったそうです。
 
鏡を見る女性
 
LCでしろつやびじんを見つけて購入し、泡立てて使ってみたのですが、ケアを数日続けてもイチゴ鼻対策としては期待外れでした。
 
そこで、しろつやびじんのコンテンツ(上のリンク先です)を改めて見たところ、

透明感ケアを集中させたいときは…泡立てずクリームマッサージ洗顔がおすすめ!
 
適量を手に取り、泡を立てずにそのまま顔全体になじませて、クルクルと優しくマッサージします。
 
※こばな周り、こめかみなど気になる部分にもくまなくマッサージ。

 
という解説に気付くのです。
 
そこで早速泡立てずに使ってみたところ・・・
 
どうなったかは、下記リンク先で確認してみて下さい。
 
しろつやびじんを持ってるけど、泡立てない使い方は未経験だった、あるいはイチゴ鼻のケア方法を探している、といった女性には参考になります。
 
しろつやびじん 「泡を立てずに塗る」という使い方があることに気付き即実践しました
しろつやびじん
※画像は「しろつやびじん」ですが、テキストリンクと同じレビューコンテンツへリンクします

その他泡立てない洗顔 ハナビラ使い方の例

現在洗顔法で最も強調されるのは、たっぷりの泡で洗う点ではないでしょうか。
 
おそらくほとんどの女性が、洗顔時に「モコモコ泡」を作っているはず。
 
一方で、泡立てない洗顔法もあります。
 
モコモコ泡が普通になっている方にとっては、泡立てないと「本当にキレイになるの?」と不安を感じるかもしれませんが、実践してみるとなかなか良い実感を得られるようです。
 
レビューを紹介します。
 
泡立てなくて良いので朝の洗顔も速攻で終わります!


 
以下は、LCさんのサイトに寄せられているレビューです。
◆LC’S HANABIRA泡立てない使い方

 
◆本草絵巻しろつやびじん泡立てない使い方

「米澤式健顔」の米澤房昭さんは、泡立てず洗顔する美容法を提唱されています。
 
米澤さんの洗顔法については米澤房昭さん「たっぷり泡」は洗顔には不要コンテンツをご覧ください。