他の女性がどんな美容を実践しているかは気になりませんか?
 
美容トピックでは、モデルさんや女優さんが「何を使っているか」が話題になりがちです。
 
確かに、美をキープしている人が使っているものは気になりますし、大いに参考にできます。

しかしそれだけではなく、そうした人たちがどんな美容習慣を送っているかを知るのも大事ではないでしょうか。
 

 
ざっくりいうと、朝、昼、夜にそれぞれどんなこと(美容のためのルーティン)をするのか?ということです。
 
朝からどんなメイクをするのか、お昼休みにやることはあるのか?夜にお風呂から上がったらどんな保湿を?などですね。
 
当サイトをご覧になっているあなたは、すでに自分のやり方を確立されているでしょうが、「これいいかも」と思えるやり方は、知っておいて損はありません。
 
それを知ることで、自分の美容ルーティンが改善できるかもしれませんからね。
 
このコンテンツでは、「私のクリニック目白」院長・平田雅子医師の一日のスケジュールを紹介します。
 
美肌をキープしている人の生活習慣とメイク習慣を参考にしてみてください。(といってもやっていることはとてもシンプルなのですが)
 
このコンテンツは平田医師の著書「水だけ洗顔で、一生美肌!」88~89ページを参考にしています。

平田雅子医師の一日

平田医師のスケジュールの一例を以下に紹介します。
 
あくまで例なので、いつもこの行程とは限りませんが、参考にしてみて下さい。
 

 
07:00起床 
起きたらすぐに水だけ洗顔をして保湿。朝食前に日焼け止めまで塗ってしまう。 
 
07:30朝食
一日のエネルギー源なのでしっかり食べる。メイクは眉毛と唇のポイントだけ。ファンデーション、チークは普段は使わない。
 
09:30クリニックへ
診察前に水分補給と、クリームを塗って肌の保湿をしておく。冷えないように、首をネックウォーマーで、足もとをレッグウォーマーでガード。
 
13:30お昼休み
軽く昼食をつまんだら、再び肌の保湿。外に出るときは日焼け止めも塗る。
 

 
14:00午後の診察
診察の合間にも、感想が気になるところにクリームを塗り重ねる。水分補給もこまめに行う。
 
20:00診察終了
残務を片づけて自宅へ。
 
22:00夕食
遅くなっても、なるべく手作りの温かい食事をとるようにする。
 
23:30入浴
メイクは落とさず、クリームで保湿してから入る。
 
24:00お風呂上がり
髪を乾かしてからメイクを落とし、その後保湿。
 
26:00就寝
枕もとにクリーム置いておき、もしも夜中に目が覚めて乾燥していたら保湿する。
 
 
夜の10時に夕食、就寝が深夜2時というのは、一般的な美容常識からするとかなり”遅い”ですよね。
 
平田医師が毎日この生活を送られているわけではありませんが、お肌に理想的なスケジュールとはいえないでしょう。
 
それでも驚異の美肌(実年齢51歳・肌年齢34歳)をキープされているということは、平田医師の美容法が優れているということではないでしょうか?
 
といっても、ものすごくざっくり言えばとにかく保湿とUV対策を徹底することに尽きるのですが。
 
これだけシンプルなやり方でも(というか、シンプルだからこそ?)美肌でいられる事実は、参考にするべきではないでしょうか。
 

夜遅い食事など不摂生をしてしまったら?

ちなみに平田医師は「たまに不摂生しても、3日単位で調整する」という考えです。
 
同じ著書から引用します。

よく、美容のためには「22時までに就寝」「寝る3時間前は飲食しない」などといわれますが、完全に守るのはムリ。
 
たとえ寝る直前にヘビーなものを食べたとしても、それが友達との楽しい食事だったら、いい息抜きになると思うのです。
 
だから、からだにわるいことをしても自分を責めずに、翌日の食事を軽くするなど「3日のうち」に調整すればOKとしています。
(99ページ)

「美容に悪いだろうなぁ」「太るだろうなぁ」と思いつつも、やってしまうことってありませんか?(私はしばしばあります・・・)
 
というか、普通に生活してればそういうことありますよね?
 
そんな時でも、3日くらいかけて摂生すればOKと考えれば、かなり気が楽になりますね。
 
この考え方も参考にしてみて下さい。