当サイトで紹介しているトップスタイリスト・杉浦成規さんは、「美しい髪を作るポイント」のひとつとして、「髪をちゃんと乾かして寝る」を挙げられています。
 
これは髪を保護するためで、濡れたままだと髪がダメージを受けてしまうのです。

それを防ぐポイントとなるのは、髪を乾かすためのドライヤーです。
 
このコンテンツでは、「寝る前に髪をしっかり乾燥」「カールがすぐ取れる際の対策」のためのドライヤーの使い方を紹介します。
「愛され髪のつくりかた」56、57、74ページを参考にしています)


 

寝る前にしっかり乾かしてキューティクル保護

「髪は濡れた状態がもっともダメージを受けやすい」のはよく知られているのではないでしょうか。
 
髪を守るキューティクルは、水分を含むと立ち上がって開きます。
 
(魚にお湯をかけると、ウロコが立ち上がりますよね?あんな感じです)
 
この状態では髪が無防備になり、髪同士がこすれる、枕とこすれるなどすると即ダメージを受けてしまいます。
 
キューティクルがガサガサになった髪はツヤがなくなり、まとまりにくくなります。
 
アレンジがうまくいかなくなり、雨の日など湿度の高い日には広がる、爆発するといったトラブルも増えてしまいます。
 
雨の日 髪がはねる・広がる・爆発するなら杉浦成規さんの対策
 
きちんと乾かすことで、キューティクルはきれいなウロコ状態に戻ります。そのため、寝る前に完全に髪を乾かすのは大変重要なのです。
 
杉浦さんが勧めるドライヤーのかけ方は以下のとおりです。

タオルドライでは髪をこするのではなく、ふわりと押さえるようにして水分を吸収させる その後優しいブラッシングで髪を整える
 
髪の内側(顔側)からブラシをそえながら、上から下へ優しく温風を当てていく 頭を斜めに傾けるとやりやすい
 
髪をバサバサと動かすのはNG 完全に乾くまでドライヤーを当てる

 
根元にも注意しなくてはいけません。根元は乾きにくいので、しっかりとドライヤーを当てます。(下のコンテンツでも「根元」はポイントです)
 
全体がちゃんと乾いてから寝るようにしましょう。生乾きはNGですよ!
 
ちなみに上で紹介している、杉浦さんの「美しい髪をつくるためのポイント」には、「定期的にトリートメントで傷みを補修すること」もあります。
 
トリートメントについてはトリートメントのやり方・頻度は?を参照して下さい。
 

カールをキープするコツ!ドライヤーの使い方と裏ワザも

ドライヤーのかけ方についてもうひとつ。
 
せっかく巻いたカールがすぐに取れてしまうという悩みはありませんか?
 
朝は上手に巻けた!と思っても、しばらくするとすぐに微妙な感じになってしまう・・・のは、多くの女性が経験しているのではないでしょうか。
 
カールがすぐ取れてしまう原因を、杉浦さんは
 
根元が乾かないうちにカールを巻いているから
 
とされています。
 
毛先の動きを決めるのは根元なので、巻く前に根元までしっかり乾かしておかなくてはいけません。
 
しっかり乾かすため、杉浦さんはこのような心がけを推奨されています。

根元が乾く前に巻くと、根元の湿気が毛先の動きをとってしまう。
 
乾いたと思ってもプラス3分のブローで完全に乾かして

巻きをキープする裏ワザ(?)として、ゆるくパーマをかけるのもひとつの手です。
 
杉浦さんによると「完全なストレートよりはゆるいパーマをかけておいたほうが、アレンジのときは扱いやすい」そうです。
 
巻いている日が多いという方は、スタイリングを簡単にするためにゆるいパーマを検討してみてはいかがでしょうか。
 
「根元をあと3分乾かす」といったコツを紹介しましたが、朝はその3分が惜しいもの。
 
「忙しい朝にそんな時間はとれないよ!」という女性も多いはず。
 
そのため杉浦さんは
 
「朝5分だけ早起きをして、髪の毛のための時間を使ってみてください」
 
と勧められています。
 
それによりカールもばっちり決まるなど、自分の理想のスタイリングに近づきます。
 
ヘアが変われば、「それと同時にあなた自身の意識もどんどん変わってくるはず」なのだそうです。