米澤房昭さん「化粧水は手でつけてOK」

このサイトでは、美容に関する米澤房昭さんの主張を紹介しています。
 
米澤房昭さんの泡立てない洗顔
 
美容に関してはひとつのトピックに対していくつかの考えがあり、「どれが正しいのかな?」と迷っている女性も少なくありません。

このコンテンツでも、米澤さんの著書「米澤先生に聞く、肌のホントのことウソのこと55」から、疑問に思われてるのでは?と感じるトピックを二つ挙げて紹介します。
 
Q&Aで米澤さんが疑問に答える形式です。

◆◆目次◆◆
若い人に高級化粧品はNG?
化粧水のパッティングにコットンは必要なし?
 


若い人に高級化粧品はNG?

Q 若いうちからリッチな化粧品はダメって本当?
A 本当です。肌の代謝力が落ちてしまいます

えっ!ダメなんですね!
早くから使えば肌の良い状態をキープしやすいのでは?

化粧品は基本的に、「肌に足りない成分を補う」ために使うもの。
セラミドなどの保湿成分、水分、油分などは加齢その他が原因で減っていくよね?だけど若いうちはこれらの生成や分泌が盛んなので、そもそも補う必要がないの。

なるほど、確かにそうですね。
自前で作れるのに外から継続して与えたら、肌が「あれ?作らなくていいのかな?」と勘違いしそうです。

そうそう。
「肌を甘やかす」なんて言われるよね。米澤さんは、「甘やかす」以外にも理由があると解説されているよ。

よく雑誌で「あまり若いうちから高機能化粧品を使うと、肌が甘やかされる」という言い方をしていますよね。
 
かなりイメージ寄りな表現ですが、若いうちから油分たっぷりの化粧品を使うと、肌に油が蓄積して代謝力が落ちてしまいます。
 
理想は「自ら生まれ変われる肌」ですが、油分を上から塗り込めることで不要な角質がはがれにくくなり、顔色もどんどん悪くなります。
 
年齢に関係なく、肌の代謝力を落とすような化粧品は使わないほうがベター。まずは「落とすケア」が最優先ですし、そこに保湿成分は必要ありません。
 
皮脂をきちんと出せる、まっさらな肌を目指しましょう。
(157ページ)

 
「肌に油が蓄積する」って、これじゃ化粧品は完全に「余分なもの」じゃないですか!

そうね。若くて肌の状態よい間は、不要なものをつけるとかえって良くない、ということ。
若いうちは、高級化粧品は必要ないといえそうだね。
 
次に、コットンの使用について紹介します。
 



化粧水のパッティングにコットンは必要なし?

Q 化粧水、コットンでパッティングしないの?
A コットンでつける理由がありません

私、コットン使ってパッティングしてましたよ・・・。

私もよ!
だけどこれは、「コットンを使ってはいけない」という意味ではないの。
簡単には「使わないほうがお得ですよ」という話なの。
 
米澤さんの解説です。

化粧水をコットンに含ませ、何度も丁寧にパッティング・・・とても気持ちがよさそうですが、スキンケアの目的を考えたとき、コットンはなくて大丈夫です。
 
たまに「手のひらが化粧水を吸ってしまうから」なんて言う方がいますが、手のひらと足の裏は層がひとつ多くバリアがてきているので、水分は入らないのです。
 
私が想像するに、コットン使いが推奨されるのは、そのほうが化粧水の減りが早いというマーケティング的な理由ではないでしょうか。
 
アイディアとしては面白いのですが、「肌を引きしめる」という化粧水本来の目的は、手でパシャパシャ重ねづけをすれば充分に達成できます。
 

 
(153ページ)

 
手でやってOKなんですね!

そうね。
コットンを使ったほうが「いかにもメイクしてる」というイメージがあるけど、手のほうが簡単だし、ムダなく使えるなら言うことなしだよね。
 
コットンを使うのが習慣になっているなら、無理に変える必要はないかもしれないけど、手を使っても決して間違いではないことはわかってもらえたんじゃないかな。
 

 
目次に戻る
 

関連記事

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

コメントを残す

当コンテンツの内容はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。 個人差がありますのでご注意ください。

※このページはLCLOVE COSMETIC のアフィリエイトページです。当ページで販売は行っておりません。お支払方法や送料などは、上記リンクでお確かめ下さい。

このページはエルシーラブコスメティック(LC)の画像・文章を許可を得て複製・転載しております。
無断で複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じております。
Copyright:(C)LCLOVE COSMETIC All Rights Reserved.