暑い季節は服装が薄着になるだけでなく、髪をアップする機会も増えます。

冬でも暖房のきいた屋内だったり、何かの作業をする時に髪をまとめることがあります。
 
髪をアップしたりまとめると、うなじが見えやすくなります。
 
女性のうなじ
 
うなじは実は意外と注目されているパーツです。
 
特に男性は女性のうなじを見ていて、浴衣を着た女性のうなじは大好物という男性は多いようです。
 
美容関連で話題になることはあまりありませんが、うなじの見た目の印象によっては「えりあし・うなじを出すのに躊躇する」という女性もいるようです。
 
LCさんのサイトに体験談が投稿されていました。
↓ ↓ ↓
さほど躊躇わずに襟足を出せるようになりました
 
この女性は、生まれつき肌の色が濃く、コンプレックスを持っていたそうです。
 
それでも顔は様々なケアにより「人並みもしくは若干明るめな印象」になりました。
 
しかしこれには弊害もあり、顔と首筋との色の違いが目立つようになってしまったのです。

うなじ部分は、色が黒いため汚らしく見えていたので、子供の頃からコンプレックスでした。
 
髪を束ねて襟足を出すのが恥ずかしかった・・・(以下略)

「汚らしい」はさすがに言いすぎな気もしますが、とにかく首にまで顔と同じケアをするのは時間も手間も、お金もかかります。
 
どうしよう?と悩んでいたところに、女性はラブコスメさんの「ジャムウ・ハードバブル」を目にします。
 

 
製品に寄せられたクチコミをたくさん読み、検討を重ねた結果、「ジャムウ・ハードバブル」を購入し、使用してみます。
 
「ジャムウソープで全身を洗うことで、首含め全身の肌のトーンが明るい印象になるのでは?」と女性は考えたのです。
 
うまくいけば、顔と首以下の明るさの違いが目立たなくなります。
 
すると・・・

以前より顔と体のトーンの差が気にならなくなってきたように感じています。
 
(中略)
 
髪を束ねて襟足を出すのが恥ずかしかったのですが、ハードバブルを使いはじめてからは、明るい印象に感じられるので、さほど躊躇わずに襟足を出せるようになりました。

かなりいい感じではないですか?
 
この女性はジャムウソープに対しては「誇大広告じゃないの?」と半信半疑でした。
 
しかし実際に使ってみて、かなり良い実感が得られたようです。
 
この口コミには、こうしたこともコメントされています。

  • どれくらいの期間使用して実感が得られたか
  • ハードバブルの減り方
  • 洗いあがりの感触

似たようなお悩みをお持ちなら、参考にしてみて下さい。
↓ ↓ ↓
さほど躊躇わずに襟足を出せるようになりました

※画像は「ジャムウ・ハードバブル」ですが、テキストリンクと同じ体験談コンテンツへリンクします
 
※「ハーバルソープ洗顔で顔を明るい印象に 念願の色の服も!」コンテンツでも、肌の印象を明るくする口コミを紹介しています!