プチドロップ ピンクポイント グラマラスバタフライ・シオンを比較しています

ラブグッズを購入するにあたって、気になるのは誰かにバレないかどうかということ。
 
使った気持ちよさうんぬんよりも、とにかくバレないことが最優先という女性も多いのではないでしょうか。
 

 
バレないために、LCさんには丁寧な梱包廃棄サービスがあるわけですが、正直言いまして・・・
 
多くのラブグッズは、見た目でバレてしまいます。
 
ネットはじめ、これだけ情報が氾濫している現代ではラブグッズのほとんどは形が認知されています。
 
それでも、「せめて、あからさまでない製品はないの?」とお探しの女性もいらっしゃるでしょう。
 
そこでこのコンテンツでは、見た目ではバレにくい(ハズの)ローターを紹介します。
 
購入者さんの口コミや、ローターは挿入しても使えるよ、といった内容もまとめていますので参考にしてみて下さい。
 
◆◆目次◆◆
ローターの使い方は”当てる”だけではない
プチドロップ ピンクポイント グラマラスバタフライ・シオン比較
プチドロップとピンクポイント比較口コミ
 



ローターは当てるだけでなく挿入も可能

いきなり話が脱線しますが、バレにくいラブグッズを紹介する前にひとつお伝えしておきたいことがあります。
 
ローターの使い方は”当てる”だけとお考えの方はいませんか?
 
確かに、
 
・ローター=当てる
・バイブ=挿入

 
というイメージが強いのは事実で、実際に多くの場合このように使われています。
 
なのでこの認識は普通なのですが、このようにしか使えないわけではありません。ローターは挿入にも使えます。
 
LCさんには、ローターの挿入をトピックにしたコンテンツがあるのです。
 
絶頂ポイントをローター挿入で探す
ローターの使い方講座
 

 
これらをご覧いただければ、ローターは挿入してもバッチリ使えるラブグッズということがご理解いただけるのではないでしょうか。
 
これをふまえたうえで、以下のコンテンツをご覧ください!

LCのバレにくいローター比較 サイズや動き

LCさんのローターといえばピンクローターですが、
 

 
当コンテンツの主旨である「バレにくい」とはちょっと違うかなと思い、ここでは外しています。
 
ピンクローターに関心のある方は、こちらの別コンテンツをご覧ください。

 
当コンテンツでは、プチドロップ、ピンクポイント、グラマラスバタフライ・シオン(以下シオン)を紹介します。
 
私の偏見も入れて、ものすごくざっくりまとめます。

・最もバレにくいのはシオン
・一番長いのはピンクポイント、短いのはシオン
・プチドロップはお風呂でも使える
・ピンクポイントは独特の形状がスゴく効果的
・シオンは強弱変化機能がある

 
各アイテムのスペックは以下のとおりです。
 
プチドロップ
プチドロップを手に持つ
 
・サイズ:約105mm×約26mm(つなぎ目部分)約30mm(最大部分)
・材質:ポリエチレン(硬い)
・電池:単三電池1本付属(動作確認用電池付き)
・機能:防水・静音仕様 強弱変化なし
 
プチドロップ製品コンテンツ
※プチドロップは防水仕様ですが、水中での使用はできません
 
 
ピンクポイント
ピンクポイントを手に持つ
 
・かつて販売されていたピンクラブスプーンとデザインが似ています
・全長:約115mm、直径:約35mm(最大部)
・素材:本体部分/エラストマー(柔らかい)・スイッチ部分/プラスチック(硬い)
・単三電池1個使用
・機能:生活防水 強弱変化なし
 
ピンクポイント製品コンテンツ
 
 
グラマラスバタフライ・シオン
グラマラスバタフライ シオン
 
・かつてLCさんで販売されていたキューピッズボウ・シンに似ています
・サイズ:長さ約92mm(ローター部分:約29mm)
・カラー:ピンク
・材質:シリコン(肌に当たる部分は柔らかい) ABS樹脂
・セット内容:本体 単四電池×1個(動作確認用電池です)
・機能:強弱の調整可能
・使用上の注意:ご使用前に電池キャップを取り外し、絶縁板を外してからご使用ください。
 
グラマラスバタフライ・シオン製品コンテンツ
 
 
プチドロップの最も大きな特徴は、防水仕様であること。
 
ラバーズ48にもあったようにお風呂でも使えるので、パートナーと一緒に入ってイチャイチャタイムにピッタリです。
 
プチドロップは防水仕様
 
使用後は丸洗いできるので、ずっと清潔に使えます。
※プチドロップは防水仕様ですが、水中での使用はできません
 
※参考:お風呂エッチの注意点

 
当コンテンツ作成時点での評価平均は星4つ。
 
概ね高評価ですが、防水仕様のため電池交換に力が必要なことがあるようです。
 
強弱の切り替えはないので、「当てる強さを変える」「タオルや下着の上から当てる」といった方法で加減してみて下さい。
 
製品コンテンツには「中と外で二本同時に使う」というコメントも紹介されています!
 
 
ピンクポイントは、これら三つの中では柔らかいパーツも最も大きく、いわゆる「ぷにぷに」の手触りです。
 
ピンクポイント
 
突起部分をうまく使うのが気持ちよくなる秘訣です。製品コンテンツで紹介されている使用者のレビューを参考にして下さい。
 
生活防水機能があり、水しぶきやシャワーのお湯が少しかかる程度であれば問題ありません。
 
 
上でも書きましたが、この三つの中ではシオンが最もラブグッズっぽくないデザインです。
 
グラマラスバタフライ シオン
 
リップスティックのような外見なので、ポーチに入れていても違和感はなく、持ち運びも気になりません。
 
キャップを外して本体下のダイヤルを回すとローターとして機能します。先端部分はソフトなのでラブグッズ初心者にもおすすめです。
 
当ページ作成時点では、製品コンテンツに寄せられているレビューは1件だけですが参考にしてみて下さい。
 

最後に、プチドロップとピンクポイントの違いがわかる口コミを紹介します。
 
この二つを購入したというレビューは意外と多く、使用感の違いや開発の進化(?)の過程がよくわかるものもあります。
 
購入を検討している方には参考になるのではないでしょうか。
 
ものの数秒でしたね・・・(笑)
(40代女性 40歳を過ぎて性欲アップ?旦那さんは早漏?気味なので満足できずプチドロップ購入その後にピンクポイントも)
 
柔らかい素材(エラストマー)が気になって
(20代女性 プチドロップとピンクポイントを同時に購入 当てる場所や動かし方を詳しくレビュー)
 
「これで遊ぶのぞくぞくするね」
(20代女性 プチドロップとピンクポイントの大きさ・振動を比較した感想 この女性が軍配を上げたのは・・・)
 


関連記事

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

コメントを残す

当コンテンツの内容はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。 個人差がありますのでご注意ください。

※このページはLCLOVE COSMETIC のアフィリエイトページです。当ページで販売は行っておりません。お支払方法や送料などは、上記リンクでお確かめ下さい。

このページはエルシーラブコスメティック(LC)の画像・文章を許可を得て複製・転載しております。
無断で複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じております。
Copyright:(C)LCLOVE COSMETIC All Rights Reserved.