海外ではアンダーヘアの処理は当たり前という認識があるようで、女性だけでなく男性も処理しているそうです。
 
対して日本では、最近ようやくアンダーヘア処理の意識が広がってきたようですが、まだまだ未処理の人が多いようです。

「いつか処理してみようかな?」など興味のある方は、このコンテンツを参考にしてみて下さい。
 
「とにかくツルツルにすればOKでは?」との考えはちょっと危険かもしれません。

ハイジニーナは危険?

「ハイジニーナ」という言葉があります。
 
簡単に言えば陰部全体を完全脱毛することです。
 

 
恥丘部分のVライン、外陰部周辺のIライン、肛門周辺のOライン全てのアンダーヘアを全て除去してしまうのがハイジニーナです。(いわゆる「パイパン」になるわけです)
 
これまで日本人はアンダーヘアの処理には無頓着な人が多いとされてきましたが、海外のセレブ女性の間で流行したことから日本でもハイジニーナを行う女性が増えています。
 
これまではワキや脚が主体だった脱毛サロンでも、ハイジニーナのサービスを提供するところが多くなっています。
 
 
ハイジニーナとは「衛生」を意味する「hygiene (ハイジーン)」が語源です
 
ハイジニーナをすると陰部の洗浄が楽になり、確かに衛生的に感じられます。水着を着るにもアンダーヘアを気にしなくて済みます。
 
しかし、アンダーヘアを完全に除去すると、逆に衛生状態が悪化するとの説もあります。
 
バツをする女性
 
というのも、陰毛は膣や尿道に雑菌が入るのを防ぐ役割があるからです。鼻毛が鼻腔内に雑菌や異物が侵入するのを防御しているのと同様です。
 
ハイジニーナでアンダーヘアを全て除去してしまうと、雑菌の侵入が容易になってしまいます。
 
また、陰部は不潔な状態が続くこともあり、脱毛後の毛根跡が感染するなどのリスクも上がります。
 
生理中は特に注意が必要です。
 
ハイジニーナで深刻な感染症が起きたという報告はまだ目立ちませんが、アンダーヘアはVライントリマーやシナヤカウォッシュなどで手入れするにとどめておくのが良いのかもしれません。
 
Vライントリマー
(画像はVライントリマーです)

Iラインシェーバー 購入者の使用感口コミへ

上のコンテンツで「ハイジニーナ」は危険かもしれない、と指摘しました。
 
しかしアンダーヘアをボウボウのまま放置していると、水着や下着からはみ出してしまうという残念なことになりかねません。
 

 
つまり、完全に脱毛する必要もありませんが、かといってモジャモジャのままでもマズい、というわけです。
 
そのための対策としてVライントリマーがありますが、Vライントリマーはその名のとおりVライン(恥丘部分)のヘア処理用です。
 
Vライントリマー アンダーヘアの処理に
 
Iライン(女性器・会陰部周辺)・Oライン(お尻・肛門周辺)には別の対策が必要なのですが、実はこの二か所の処理はちょっと大変です。
 
Vラインと違って目で確認しにくいですし、デリケートな部分なのでハサミなどを使うと危険でもあり、時間もかかります。
 
エルシーラブコスメティックには、このI・Oゾーンを処理するための専用アイテム「Iラインシェーバー」があります。
 
Iラインシェーバー
 
T字カミソリに似た外観で、乾電池で駆動する、いわば「アンダーヘア用の優しいバリカン」です。
 
軽く撫でるように使うだけでアンダーヘアの処理が可能で、カミソリを肌に当てるような危険性はありません。
使用後は水洗いも可能です。
 
製品名は「Iラインシェーバー」ですが、Oゾーンにも使えます。
 
購入者の体験談レビューにも
 
「すごくソフトな使用感で、あっという間に今まで苦労していたI.Oラインが綺麗に処理できました」
 
とあります。
 
水着やセクシーな下着を着る時、パートナーとの大切な時間を過ごす時など、整ったアンダーヘアが必要な場面では強い味方になってくれます。
 
Iラインシェーバー 体験者の使用感評価・体験談レビューも
Iラインシェーバー
※Iラインシェーバーは脱毛器具ではありません
※根元からは剃れません