リビドーロゼに興味がある女性は、少なからず男性を意識しているのではないでしょうか?
 
このコンテンツでは、男性と一緒のときに使えそうなワザをお知らせします。
 
リビドーロゼ

普段使いや、親密な男性といる時に試してみて下さい。

西川史子さん 男を誘う?香りの秘密テクニック

以前、とあるテレビ番組で、医師でタレントの西川史子さんが「香水のつけ方の秘密」について語られていました。
 
リビドーロゼ
 
番組で共演した、お笑い芸人の博多大吉さんが

「西川先生は芸能界で一番イイ匂いがする」
「でもほんと、西川先生って香りが・・・よくみんな平気でいられますね」

と絶賛するほど、西川さんはイイ香りがするのだそうです。
 
これについて、西川さんが秘密を明かしています。

「あのね、これ秘密があるんですよ。上半身と下半身の匂いを変えるんです。
 
上半身はちょっと爽やか、下はちょっと濃厚な香りにすると人は誘われるよ、って習ったんです」

上半身と下半身でつける香りの種類を変えるわけですね。
 
それほど難しくないテクニックですし、誰でも出来そうですが、実行するには香水が二種類必要です。
 
リビドーロゼ
 
ちなみに「リビドーロゼ」は、時間とともに以下のように香りが変わります。

トップノート・・・甘く可愛いフルーティーベリーの香り
ミドルノート・・・スズラン、ジャスミンの爽やかなフローラルの香り
ベースノート・・・ムスク、イランイランの甘く濃厚な香り

 
西川さんの香りテクは、上半身は爽やかに、下半身は濃厚な香りに、でした。
 
リビドーロゼは、ミドルノート、ベースノートでそれぞれの香りに変わります。
 
つまり、ちょっと時間はかかりますが、リビドーロゼひとつだけで「西川テク」が使えるわけです。
 
意中の男性に会うなら、まずは下半身にリビドーロゼをつけ、その後しばらくして上半身につけるのです。
 

 
すると下半身はイランイランの濃厚な香り(ベースノート)、上半身は甘く可愛いor爽やかな香り(トップ~ミドルノート)になります。
 
リビドーロゼを使う際は、この時間差による「西川テク」も意識してみて下さい。

ある意味裏ワザ?リビドー通常版と限定版をうまく使い分ける

当サイトでは、LCさんのベッド専用香水「リビドー」の限定フレーバーも紹介しています。
 

こうした限定タイプは、
 
「自分がつけたいときにつける」
「自分が香りを楽しみたいからつける」
 
でもいいのですが、もし気になる男性がいるなら
 
男性へのアピール度をより上げる
 
やり方を試してみてはいかがでしょうか。通常タイプと限定タイプをうまく使い分けるのです。
 
その使い分け法を解説したコンテンツがこちら。
 
定番・限定リビドーの上手な活用方法お教えします!
 

 
「使い分け法」の内容を簡単にまとめると、

通常版の香りに慣れてきたら、限定版の香りでアクセントをつける。
 
限定版をしばらくつけたら、通常版に戻っていつもの香りに落ち着く。

 
ということになります。
 
香りには好みがあるので、「男性(女性)が通常版の香りにベタボレ!これしか考えられない!」ということなら、あえて変える必要はないかもしれません。
 
しかし時には”冒険”してみることで、新しい発見をすることもあります。使い分ける選択肢も増えますしね。
 
通常版と限定版をお持ちなら、参考にして下さい。
 
そして、この「フレーバー使い分け」は、「ナデテ」にも応用できるのではないでしょうか。(「ヌレヌレ」は難しいかな・・・)
 
コンテンツを読んで納得したあなたは、「ナデテ」でもやってみて下さい!
 ↓ ↓ ↓
定番・限定リビドーの上手な活用方法お教えします!
リビドーロゼ