「黒ずみのもと」対策は、「ニオイのもと」対策並ぶ、ジャムウ石鹸のメイン用途のひとつです。
 
黒ずみを薄くするには、薬剤を使用する方法もあり、かなりの実感が得られるようです。
 
しかしワキやバストトップ、デリケートゾーンといった場所に薬を使うのに抵抗を感じる女性もいます。

そうしたケースでは、ジャムウソープで黒ずみのもと対策を検討してみてはいかがでしょうか。
 
ここで紹介している口コミも参考にしてみて下さい。

ビキニライン・お尻・ひざ・股の黒ずみ対策

黒ずみが気になる箇所といえば、小鼻やわき、乳首が代表的ですが、
 
お尻 膝 股 ビキニライン 
 
の色に関する悩みもラブコスメには寄せられています。
 

 
これらの多くは普段服に隠れているため、ケアにはつい無頓着になりがちです。
 
しかし、これらは「いざ!」という時に黒ずんでいたら、かなりのダメージではありませんか?
 
・・・具体的には、エッチの時です。
 
やっかいなことに、黒ずみのケアは、一朝一夕ではできません。「その時」に慌てずにいるためには、日頃からケアしている必要があるのです。
 
目に見える箇所よりも、頻度は少なくて構いませんが、全く無頓着でもいけないわけです。
 
それでは、これらのパーツが黒ずんでしまうのはなぜでしょうか?
 
人により違いはあるものの、以下のような理由が考えられます。

下着や服との摩擦 肌のターンオーバー(新陳代謝)機能の低下 古い角質 肌への刺激 洗う力が強すぎる かぶれ

 
 
基本的に、これらの原因により生じた黒ずみのもとのケアには、ジャムウソープで対応できます。
 

 
しかもジャムウソープなら、顔にも全身にも、と場所を選ばず使えますし、におい対策を兼ねることもできます。
 
イザという時に慌てなくてもいいように、黒ずみが目についたパーツは日頃から少しずつケアしてはいかがでしょうか。
 
以下のラブコスメさんの黒ずみのもと対策コンテンツを参考にしてみて下さい。

彼氏さんから「焼き餅のよう」と言われた膝の黒ずみ

LCさんの製品に関心のある方なら、ジャムウソープが

バストトップ
わき
デリケートゾーン
ビキニライン
ひざ

 
といった黒ずみ対策に使えることはご存じではないでしょうか。
 
黒ずみ対策に使えるジャムウソープ
 
こうしたパーツの黒ずみのもとを洗い流し、明るい印象に変えてくれるのです。(洗顔に使用しても同様です)
 
実はこれらの中で、体験談をあまりお目にかかれないパーツがあります。
 
それは・・・
 
膝です。
 
膝の黒ずみが話題になることはあまりありませんが、上で挙げたパーツの中で一番露出しやすいのは膝です。
 
悩んでいる方にとっては、美容やファッションにおいて深刻なコンプレックスになっていても不思議ではありません。
 
これまで、参考になりそうなレビューを見つけられなかったのですが、このたび発見しました!
 
それがこちら。
日に日に悩んでいた膝が目立たなくなっているように感じます!
 
この女性は、中学生のころから膝が茶色く黒ずんでいて、ずっと悩んでいました。
 
その色は、彼氏さんから「焼き餅のよう」と指摘されるほど。
 
これは何とかしないと!と考えた女性は、ジャムウ・ハーバルソープを購入します。
 

 
膝はじめ、全身に使ってみたら・・・どうなったかは、レビューを読んで確認して下さい。(タイトルでバレまくってますが)
 
この体験談には、どのようにして使ったかは書かれていません。しかし膝は、バストトップよりは「泡パック」しやすいのではないでしょうか。
 
膝の黒ずみを何とかしたい!と考えている女性は参考にしてみて下さい。
 
膝の黒ずみとは別のコンプレックスが解消された件や、ちょっとした裏ワザ?的な使い方もコメントされています。
 
日に日に悩んでいた膝が目立たなくなっているように感じます!

※画像も体験談へリンクします