人間の体で最も目立つのは顔であり、その中でさらに目立つのは唇ではないでしょうか?
 
実際に唇は、男性の目をひきつけるようですよ!
 
それがわかるLCさんのアンケート結果や、健康的な唇を作るためのケア方法をまめています。

そして唇の可愛さが決め手になってオーディションに合格した、あの女優さんのエピソードも紹介しています。

 

 

はちみつやワセリン シュガースクラブで唇ケア

乾燥する季節で、「カサカサ」が一番気になるのは、唇ではないでしょうか?
 
何もケアしていないと、屋外なら一日でカサつくこともあります。
 
そのため、リップクリームを塗るなどして唇を保湿します。これは、美容とはあまり縁のない男性も行っています。
 

 
外出時にリップクリームを塗ればカサカサは防げますが、さらに一歩進んで「ぷるつや唇」を目指すのであれば、それだけでは不十分かもしれません。
 
唇は最も目立つパーツのひとつであり、男性の目も惹きつけます。(下記アンケート参照)
 
LCさんのサイトに、「乾燥する時期だからこそ、気合を入れて唇ケアしたい!」という女性の参考になるコンテンツがあります。
 
それはこちら。
ぷるつや唇を目指す方法とは?唇パックのやり方
 
コンテンツの概要は以下のとおりです。

・唇パックのやり方 必要な材料(はちみつ、ワセリン、オリーブオイルほか)
 
・シュガースクラブケアのやり方 必要な材料
 
・唇に関する各種アンケート(男性が考える、キスしたい、したくない唇とは?など)
 
・「ヌレヌレ」の特徴

 
唇パック、シュガースクラブケアいずれも簡単な方法で、材料があればいますぐ実践可能です。
 
肌や髪の美容には熱心な女性でも、唇までケアするのはまれかもしれません。
 
忙しくて時間がない、という女性も多いはず。
 
ということで、日常の習慣にするのは難しくても、何か特別なイベントに向けての「短期間集中唇ケア」を実践するのはどうでしょうか?
 
寒い季節は年末年始、クリスマスなど何かとイベントが多いもの。特にデートの前にケアしておけば、自信につながります。
 
「唇パック」以外にも、「ヌレヌレ」や「ピンクのツボミ」を意識して塗る、といった簡単な方法でも「ぷるつや」の印象を高めてくれます。
 
下記リンク先を参考にして下さい。
 
ぷるつや唇を目指す方法とは?唇パックのやり方

※画像もテキストリンクと同じコンテンツへリンクします
 

 

松嶋菜々子さんが選ばれた決め手は唇!

歯科医師・宝田恭子さんが、著書「くちびる美人ダイエット」で、あるエピソードを紹介されていました。(88~89ページ)
 
写真家の長友健二さんと化粧文化・顔文化研究家の村澤博人さんが、あるキャンペーンガールのオーディションに参加したときのこと。
 
最終選考に残った10人は、全員顔もスタイルも抜群にきれいで、甲乙つけがたい女の子たちでした。
 
そんな厳しい選考を勝ち抜き、最終的にひとりの女性が選ばれました。その決め手になったのは何だったのでしょうか?
 
女性の唇
 
長友さんが最後のひとりを選んだ理由は「くちびるがとても可愛い」だったそうです。そしてそのくちびるを持つ女性の笑顔は「心の素直さが表れた、応援したくなる笑顔だった」のだとか。
 
この話を聞いた宝田さんは、くちびるが決め手になったことをとても意外に感じたそうです。
 
しかし考えてみると、口もとは顔の中で一番よく動き、目がいきやすいところです。その人が可愛いくちびるで笑うと誰もが魅了されるものです。
 
(上のコンテンツで紹介しているアンケート結果からも、男性が唇に注目していることがわかります)
 
このエピソードを聞いてから、宝田さんが考える美人の条件に「くちびるが魅力的で、応援したくなる笑顔の人」が加わったのでした。
 
ちなみにこの時のオーディションで選ばれたのは、松嶋菜々子さんです。誰もが魅かれる可愛いくちびると笑顔の持ち主ですよね。