女性であれば、経血やおりものでデリケートゾーンにかゆみが起きた経験が一度はあるでしょう。
 
かゆみ対策として、まず女性器周辺を清潔に保たなくてはいけません。
 
その場合、デリケートゾーン洗浄用に作られたジャムウ石鹸などを使って洗うわけですが、その際には注意することがあります。

ジャムウ・デリケートパック
 
「ジャムウ・デリケートパック」と共に、注意点を紹介します。
 
(手っ取り早く知りたい方は、下記リンク先の「ご利用方法」をご覧ください!ラブコスメさんの公式サイトにリンクします)

デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
※このリンクは修正済です!

デリケートゾーンをジャムウで洗う おりもの・経血とかゆみ 注意点は?

一般的には、「洗えば洗うほど清潔になるので良い」というイメージがありますが、膣内に関してはこれは当てはまりません。
 
バツをする女性
 
これをふまえて、デリケートゾーンを洗う際の注意点を挙げます。
 
◆膣の中まで洗いすぎてはいけない
おりものや経血の量が多い時は汚れが気になって、つい念入りに洗ってしまいます。
 
それは別に問題ないのですが、膣の中まで洗うのは良くありません。
 
指を入れたりすると粘膜が傷つくことも。
 
膣内部は自浄作用があるので洗う必要はなく、石鹸などで洗ってしまうと常在菌を殺してしまい、感染症を起こすリスクが上がります。
 
同様に、温水洗浄機能のあるトイレで膣内を洗い過ぎるのも危険です。
 

 
◆洗う際に掻いてはいけない
デリケートゾーンの角層数は、まぶたよりも少ないのです。掻いたりこすったりすると簡単に傷がつきます。
 
そこから細菌感染し、ただれてしまうこともあります。
 
「デリケートゾーン」というだけあって肌ストレスを受けやすいので、優しく洗ってあげましょう。
 
かゆみがどうしても我慢できない時、即効でかゆみを抑えるには冷やすのが一番です。
 
保冷剤などを利用してかゆみのある箇所を冷やすのです。
 
一般に、女性の身体を冷やすのは良くありません。
 
生理中の辛さを軽くする場合も、いかに温めるかがポイントになります。
 
しかし女性のデリケートゾーンのかゆみがひどい時は、一時的に冷やしてみましょう。かゆみが和らぎます。
 
以上の注意点を守れば、ジャムウ製品はかゆみ対策だけでなく、においのもと対策としても強い味方になってくれます。

ジャムウデリケートパック 上手な使い方 塗り方や使用頻度

ジャムウ・デリケートパックは、ランキングでもトップ5に入る人気アイテムですが、体験談の中には

「使ってみたけど、いまいち違いが感じられなかった」
 
「ほかの体験談で絶賛されているほどではなかった」

といった主旨のコメントもあります。
 

 
ジャムウ・デリケートパックは、女性器の内部にも塗って使用します。
 
指を挿入するという、普段はしない動作で使うため、慣れないと上手くいきません。(実際に、「内側まで塗るのが怖いので、外側だけをパックしてみました」というレビューもあります)
 
要は使い慣れることが大事なのですが、ちょっとしたコツらしきものもあります。
 
このコツは、ある体験談の中で紹介されていたもので、ほんとにちょっとしたことなのですが、

「塗り方が悪いのかあまり実感を得られずでした。しかし今回塗り方を変えてみたところ!ビックリです。
 
彼が初めてわたしが上になる形で感じてくれたのです!!しかもあっというまに。物凄い優越感にひたれました。」

と、ものすごい違いが出るようなのです。
 

 
そのコツおよび使用頻度はこちら。

わたしは彼とする前日か直前にしか、使いません。(もったいなくて)
 
(中略)
 
塗り方はいつもは指のてっぺんに乗っけて中に塗っていたのですが、今回指の第二関節のあたりまでまんべんなく塗ってから中に塗りました。あとはしっかり三分!

本当にちょっとした違いですが、これまで「使ってみたけどイマイチだった・・・」という方は、この塗り方も試してみて下さい!
 
全く違う実感が得られるかもしれませんよ!
 
また使用頻度に関しては「意外と少ない」印象がありませんか?
 
個人差がありますが、とりあえずは男性と会う前日に使ってみてはいかがでしょうか。