ビューティーバブルやしろつやびじんが使われます

大人ニキビの原因と対策

大人ニキビに悩まされているという方は意外と多のではないでしょうか。

 

原因と対策をまとめています。

 

・規則正しい生活と
・バランスのとれた食事
・肌に潤い
・脂分は控えめに
・とにかく毛穴を塞がない

 

・・・といったことがポイントになります。

 

(このコンテンツは吉木伸子医師の「いちばん正しいスキンケアの教科書」を参考にしました。

目次

 

大人ニキビの対策

 


 

大人ニキビの原因は?

思春期ニキビの多くは、皮脂分泌の多い、いわゆるTゾーンと呼ばれる場所にできます。

 

過剰な皮脂が毛穴につまると、アクネ菌が繁殖します。アクネ菌は皮膚常在菌の一種で、皮脂を栄養にしています。

 

アクネ菌が増えると白血球が攻撃を始めて炎症が起き、赤く腫れることでニキビになります。

 

 

そのため思春期ニキビを防ぐには、洗顔で皮脂を落とすのがポイントです。

 

 

 

対して大人ニキビは、必ずしも皮脂が多い場所にできるわけではありません。

 

皮脂が少ない部分でも、乾燥肌でも発生します。

 

大人ニキビの原因ははっきりしないことが多く、

 

・不規則な生活
・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ

 

など、さまざまな要因が関係しているといわれています。

 

 

生活を正して規則正しい睡眠をとり、バランスのよい食事をとりましょう。

 

 

ちなみに「男性ホルモンが多い人はニキビができやすい」との説について少し。

 

実はニキビでクリニックを受診する女性の男性ホルモン値は、ほとんどが正常範囲内なのだそうです。

 

確かに男性ホルモンは原因のひとつですが、それだけでニキビができるわけではありません。

 

 

ニキビには食事、睡眠、ストレスなど様々な要因があります。ケアするべき対象はいくつもあるのです。

 

 

「自分は男性ホルモンが多い体質ではないか」と勝手に判断し、ニキビケアをあきらめるのは早すぎるのではないでしょうか。

 


 

 

大人ニキビの対策

油分を避けつつ保湿を

上で挙げたように、アクネ菌は皮脂を栄養にして繁殖します。

 

そのため、大人ニキビ対策としてまず挙げられるのは、余計な油分を避けることです。

 

 

なので、「乾燥を防ぐため肌に油分をプラスする」際は注意が必要です。

 

これは正しい考え方ですが、油分が過剰になるとニキビの原因になりかねません。

 

 

ここでオススメなのはヒアルロン酸やセラミドなどを含む保湿美容液です。これらは油分はゼロで肌の保湿が可能です。

 

 

水分が増えると肌が柔らかくなり、毛穴の詰まりも防ぎやすくなります。

 

※殺菌成分を含む塗り薬について

 

ニキビ対策として、殺菌成分を含んだ塗り薬も多く市販されています。

 

アクネ菌の繁殖を抑える殺菌成分には、硫黄やグリチルリン酸カリウムなどがあります。

 

これらを配合した軟膏等は、刺激が強いものもあるので注意が必要です。

 

ピーリングも効果的

大人ニキビ対策にはピーリングもオススメです。

 

ピーリングで毛穴の角質をとり除くと毛穴が詰まりにくくなり、ニキビ予防になるのです。

 

 

ピーリングはクリニックでも行われていますし、ピーリング用コスメを使えば自宅でも可能です。

 

 

自宅ピーリング用コスメには

 

・洗い流すタイプ
・拭き取るタイプ
・こするタイプ

 

といった種類があります。

 

 

ピーリングは刺激が強いケースもあるため、週に一回程度の頻度にしましょう。

 


 

ビタミンC誘導体コスメもおすすめ

ビタミンCには抗酸化力があり、ニキビの炎症を抑える作用があります。

 

また皮脂の分泌を抑制してくれるので、ニキビそのものの発症リスクを減らしてくれます。

 

 

 

ビタミンC誘導体コスメの中でも、「リン酸アスコルビン酸」と表示される「リン酸型」コスメは浸透がよく特にオススメです。

 

 

ビタミンC誘導体は不安定な成分なので、他の成分と混ざると働きが弱くなることがあります。

 

そのためシンプルな化粧品タイプを選ぶのが良いでしょう。

 

洗顔後に、リン酸型ビタミンC誘導体の化粧品をつけたら、その上からセラミドかヒアルロン酸の保湿美容液で保湿しましょう。

 

 

ニキビと睡眠 「寝だめ」はNG

生活習慣の中で、ニキビへの影響が最も大きいのは睡眠です。

 

睡眠不足は免疫力低下を引き起こします。上で紹介したように、ニキビはアクネ菌の繁殖により発生するので、免疫力が弱いと菌の繁殖に歯止めが効かなくなってしまいます。

 

その結果、ニキビがひどく化膿するなど症状が悪化しがちになるのです。

 

 

 

一日の睡眠時間は少なくとも6〜7時間は確保しましょう。

 

 

「平日寝不足なので、休日に寝だめしている」という人は多いようですが、近年の研究で「寝だめ」は良くないことがわかっています。

 

 

よしき皮膚科クリニックの吉木伸子院長は、「寝だめで体の疲れはとれても、肌への悪影響は蓄積していく」としています。

 

不規則な生活が長期間続くと、その影響が積み重なってホルモンバランスが乱れ、ニキビ発生の原因になるのです。

 

 

「ここ1週間くらいニキビが出てる」というケースでは、その1週間くらいの生活習慣に原因があるのでは?と考えがちです。

 

 

しかし実は何年も続いている睡眠不足のせいかもしれません。

 

その場合、1週間でのそれらしい原因を解消しても、睡眠不足の原因(不規則な生活など)を解消しなければ、ニキビはなくなりません。

 

 

まずは規則正しい生活と十分な睡眠時間を確保するよう心がけましょう。

 


 

 

ニキビと食事

ニキビによい食事と聞くと、野菜を連想する女性が多いのではないでしょうか。

 

確かに野菜はおすすめなのですが、食べ方には気をつける必要があります。

 

 

生野菜のサラダは作るのも手軽でヘルシーなイメージがありますが、生野菜は体を冷やしてしまいます。

 

また一般にサラダに使われる野菜はビタミン含有量が多いとはいえず、さらに生で食べる野菜は絶対量が少なくなりがちです。

 

 

野菜を生で摂取するメリットもありますが、習慣にするなら緑黄色野菜を温野菜で食べるのがおすすめです。

 

 

また肌に必須のタンパク質も忘れずに摂取しましょう。女優さんやモデルさんなど、美肌のキープが仕事に直結する女性は例外なくタンパク質を重視しています。

 

 

 

肉か魚であれば毎日100gを目安に食べましょう。その他にも豆乳や納豆、卵やナッツ類などタンパク質の豊富な食品は美肌をサポートしてくれます。

 

 

対して、甘いものや脂っこいものは控えるほうがよいでしょう。

 

 

特に市販の揚げ物総菜などに使われている食用油は酸化が進んでいることが多く、皮脂分泌を増やすケースもあるので要注意です。

 

 

ストレスとニキビ

ニキビの原因として対処が最もやっかいなのはストレスではないでしょうか。

 

 

ストレスは交感神経を緊張させるので、

 

・胃腸の働きを低下させる
・睡眠の質を悪くする
・免疫力を低下させる

 

などの悪影響を及ぼします。これらはいずれもお肌にとってはマイナスです。

 

ストレスそのものの原因を無くすのは難しいことが多いですが、ストレスの影響を軽くすることは可能です。

 

つまり交感神経の緊張を緩和する、副交感神経を優位にするといった対処をするのです。

 

 

そのためにはリラックスする時間が必要です。
具体的には、

 

・ゆっくりと深く腹式呼吸をする
・ぬるめのお風呂にゆっくり入る

 

などですね。

 

「何もせずボーッとする」のも良いでしょう。一見無駄な時間に思えますが、ストレスを緩和するという立派な意味があります。

 

 

 

好きな香りのアロマを使いつつ時間を過ごせば、さらにリラックスできるでしょう。

 

 

カフェインは交感神経を刺激するので、リラックスには向いていません。

 

また「ストレス解消のために好きなことに没頭する」というのも、神経を疲れさせるのでほどほどにしておきましょう。

 


 




 

外部リンク

男女に役立つLCコンテンツ集

女性に役立つLCコンテンツ集

男性に役立つLCコンテンツ集

カップルに役立つLCコンテンツ集



 

当コンテンツの内容はあくまでご購入者の個人的な感想です。
保証する効果・効能ではありません。 個人差がありますのでご注意ください。

※このページはLCLOVE COSMETIC のアフィリエイトページです。当ページで販売は行っておりません。
お支払方法や送料などは、上記リンクでお確かめ下さい。

このページはエルシーラブコスメティック(LC)の画像・文章を許可を得て複製・転載しております。
無断で複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じております。
Copyright:(C)LCLOVE COSMETIC All Rights Reserved.

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)7つの特典付きで作りました